AKARIYA

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikipedia-logo.pngウィキペディアAKARIYAの項目があります。

AKARIYA(アカリヤ)は、愛知県刈谷市刈谷駅南口にある複合ビル。店舗、オフィス、分譲住宅(マンション)からなる。2016年6月に竣工した。地上23階建てであり、最頂部は地上82メートル。

歴史[編集]

2014年(平成26年)2月4日に起工式を行った[1]。高さ制限が緩和される総合設計制度を西三河地方で初めて採用[1]。総合設計制度とは、市街地環境の整備改善につながる建物について、容積率や高さ制限を緩和する建築基準法の特例制度である[1]。750平方メートルの公開空地を設けたことで、容積率は400%から460%にアップした[1]。2016年(平成28年)6月30日に完工し、同年7月初旬から入居が開始された[2]

建物[編集]

デベロッパーは刈谷市南桜町地区再開発事業共同企業体であり、いずれも刈谷市に本社を置くアイシン開発と太田商事からなる[1][2]。設計は岡田建築計画事務所。

鉄筋コンクリート造23階建[1][2]。延床面積は19,000平方メートル[2]。高さは77.50メートルであり、最頂部は82メートルであり、刈谷市の建築物で最も高い[1][2]。なお、隣接する豊田市の最高層はパークタワー豊田(26階建て・高さ84m・2017年竣工)であり、知立市最高層はエムズシティ知立 ザ・タワー(21階建て・高さ70m・2018年竣工)である。

1階と2階が店舗、3階と4階がオフィス、5階から23階が定期借地権付き分譲マンション「アルバックスタワー刈谷駅前」計129戸である[1][2]。名称は「明かり」と「刈谷」を掛けた造語である[2]

交通[編集]

脚注[編集]

  1. 1.0 1.1 1.2 1.3 1.4 1.5 1.6 1.7 「刈谷駅南口ビル起工式 16年完成予定 市内で最も高く」中日新聞、2014年2月6日
  2. 2.0 2.1 2.2 2.3 2.4 2.5 2.6 「刈谷駅南口の複合ビル完工 地上82メートル」中日新聞、2016年6月29日