500円紙幣

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikipedia-logo.pngウィキペディア500円紙幣の項目があります。

500円紙幣(ごひゃくえんしへい)とは、昭和26年(1951年4月2日に発行された日本紙幣である。この紙幣は2種類あり、平成6年(1994年4月1日に発行が停止されている。500円券500円札ともいう。紙幣の肖像画には岩倉具視が描かれていた。

500円紙幣は2種類存在する。最初は昭和26年(1951年)4月2日に発行された。サイズは縦76ミリ、横156ミリである。この1番目の500円紙幣は昭和46年(1971年1月4日に発行が停止された。これは偽造が蔓延したためである。そのため、昭和44年(1969年11月1日に発行された新500円紙幣には「すかし」「細密線画」「凹版印刷」といった偽造防止技術が施されていた。サイズは縦72ミリ、横159ミリである。この新500円紙幣は平成6年(1994年)4月1日に発行停止となった。

外部リンク[編集]