2019年J2第42節 J1昇格争い

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

この項目では、2019年11月24日に行われたJ2リーグ第42節のうち、J1リーグに昇格する可能性があった横浜FC大宮アルディージャ (以下、大宮) について述べる。

前節までのあらすじ[編集]

横浜FCは序盤のペースが良くなかったが、5月14日をもってタヴァレス監督が解任され、代わって下平隆宏ヘッドコーチが監督に昇格すると、直後の第14節・鹿児島ユナイテッドFC戦に勝利し、前半戦は12位で折り返した。その後第25節でレノファ山口FCに勝利すると、今季では初めてJ1参入プレーオフ圏内の6位に浮上。第30節のモンテディオ山形戦はスコアレスドローだったが、ここで今季初の自動昇格圏内となる2位になる。その後も2位と3位を繰り返し、第41節はファジアーノ岡山に1対0で勝利し最終節を2位の状態で迎えた。

一方大宮も序盤こそ不調だったが、第9節に横浜FCに勝利すると今季初のプレーオフ圏内となる3位に浮上。これ以降は2位から6位の間を行き来し、前半戦は5位で折り返す。第41節はアルビレックス新潟に1対1で引き分け、3位の状態で最終節を迎えた。

第41節終了時点の順位[編集]

上位3チームのみ抜粋。

順位 チーム 備考 第42節対戦相手
1 柏レイソル 41 24 9 8 72 32 81 第41節でJ2優勝・J1昇格決定 京都
2 横浜FC 41 22 10 9 64 40 76 本項で解説中 愛媛
3 大宮アルディージャ 41 20 14 7 61 39 74 金沢

J1昇格条件[編集]

  1. 大宮の結果に関わらず、横浜FCが勝利した場合は横浜FCがJ1昇格。
  2. 横浜FCが引き分けの場合、大宮が3点差以上で勝利した場合のみ大宮が、それ以外は横浜FCがJ1昇格。
  3. 横浜FCが敗れた場合、大宮が引き分け以下の場合は横浜FCが、大宮が勝利した場合は大宮がJ1昇格。

試合経過[編集]

この日は、2位の横浜FCはホーム・ニッパツ三ツ沢球技場愛媛FC (以下、愛媛) と対戦し、3位の大宮はアウェイ・石川県西部緑地公園陸上競技場ツエーゲン金沢と対戦した。他会場であったが、同時間帯の試合だったため本項でも並行して記載する。

試合に早速動きがあったのは大宮。前半14分にオウンゴールでの、思わぬ形での得点となった。その後石川ではほとんど動きがなかったが、その間に前半32分、横浜FC・皆川佑介が得点。前半はどちらも1対0で折り返した。

前半終了時点での順位
順位 チーム このままいくと・・・
2 横浜FC 42 23 10 9 65 40 79 J1昇格決定
3 大宮アルディージャ 42 21 14 7 62 39 77 プレーオフ出場決定

後半開始時点では、横浜FCは交代なし、大宮は奥抜侃志に代わって大前元紀が、イッペイ・シノヅカに代わってダヴィッド・バブンスキーが出場。石川では動きがほとんどなかったが、横浜FCでは後半7分に齋藤功佑がゴールし、愛媛との点差を2に広げる。一方石川では、金沢が後半23分に金子昌広に代わって清原翔平を送り込むと、その清原が後半26分にゴール。大宮と同点に追いつく。横浜FCが2点リードしていることもあり、J1昇格は厳しい状況となった。

後半29分には横浜FCが、中山克広に代わって斉藤光毅を投入。時を同じくして、大宮も後半30分にロビン・シモヴィッチに代わってフアンマ・デルガドを投入するが、どちらも点は動かない。横浜FCは後半37分に、中村俊輔に代わって田代真一を投入したが、後半42分に松尾佑介に代わって三浦知良が出場すると、場内からは大きな歓声が上がった。そして試合はそのまま終了し、横浜FCが2007年以来13年ぶりのJ1リーグ昇格を勝ち取った。一方大宮は、J1リーグに昇格するためにはJ1参入プレーオフでの3連勝が絶対条件となった。

2019明治安田生命J2リーグ 第42節
2019年11月24日
横浜FC 2 - 0 愛媛FC
皆川佑介 前半32分にゴール 前半32分
齋藤功佑 後半7分にゴール 後半7分
公式記録
ニッパツ三ツ沢球技場
観客数: 12,937人
主審: 中村太

2019明治安田生命J2リーグ 第42節
2019年11月24日
ツエーゲン金沢 1 - 1 大宮アルディージャ
清原翔平 後半26分にゴール 後半26分 公式記録 オウンゴール 前半14分にゴール 前半14分

試合終了時点での順位
順位 チーム このままいくと・・・
2 横浜FC 42 23 10 9 66 40 79 J1昇格
3 大宮アルディージャ 42 20 15 7 62 40 75 プレーオフ出場

脚注[編集]

関連項目[編集]