金玉 (秘書)

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
Jump to navigation Jump to search

金玉(김옥・キムオク[1]、英:Kim Ok、1964年8月28日 - 2013年/2014年?)とは、朝鮮民主主義人民共和国の人物である。別名は金成玉[2]朝鮮労働党に所属。金正日 元朝鮮労働党総書記の第五夫人である。父親は労働党の財務経理部部長と伝えられる[3]

略歴[編集]

芸術・体育高等総合教育機関金星学院から平壌音楽大学(現金元均平壌音楽大学)を卒業し、ピアニストとして活動していた。その後、金正日の個人秘書となり、1980年頃からは書記室(秘書室)課長として活動していた。また2001年に国防委員会課長となり、その後金正日と行動を共にしていた。高英姫は晩年には体調が悪く、金玉に金正日と息子(金正哲と金正恩)の面倒を見るよう頼まれたと伝えられる[4]。2004年に高英姫が亡くなった後は、ファーストレディの役割を果たし、2004年には息子を出産したと伝えられる[5]

2006年7月に、金正日と同棲していることが報道され[6]2008年に娘を出産したと伝えられる[7]

2009年金正日と正式に結婚したとみられるが、それ以前との説もある。

2011年12月17日に金正日が死去した後は未亡人となっていた。ちなみに彼女は金正恩の母ではないため、彼女に子供がいるとすれば、金正恩の腹違いの兄弟ということになる。金正恩を育てたのは、金玉であったとの説もある。

2012年7月に錦織人民遊園地の竣工式に参加したのが、公式に確認できる最後の姿である。一説に金玉の弟(金均、Kim Kyun)が、横暴であると秘密警察組織の国家安全保衛部(その後「国家保衛省」に名称変更[8])が密告したとされる。

2013年または2014年に粛清(政治犯収容所)または処刑されたと伝えられる[9][10]。育ててもらった恩義はあるものの、金正恩は自分の母親の高英姫が病気にかかったのは金玉のせいだと考えているとも伝えられる。

2018年時点で捕虜収容所におり、生存していると報道された[11]

脚注[編集]

関連項目[編集]