重言

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
移動先: 案内検索

重言(じゅうげん)とは、同じ複合語で同じ意味言葉を2回言っていること。不適切な表現とされることが多い。 

日本語[編集]

日本語では、外来語との重言が多い。

  • まさかのハプニングに会場は騒然となった」 - 「ハプニング」という言葉が「まさかの」という意味。「まさかの出来事に…」のようにするのが適当である。
  • 排気ガス」 - よく聞く言葉だが、「ガス」が「気(体)」という意味。「排出ガス」「排ガス」などの言い方が適当である。
  • ハングル文字」 - 「ハングル」自体が「文字」という意味なので、「ハングル」のみでよい。
  • クーポン券」 - 同様に「クーポン」のみでよい。
  • チゲ鍋」 - 「チゲ」が韓国語で「鍋」の意味なので、邦訳すると「鍋鍋」。意味不明すぐる。

漢語との重言もある。

  • 紀元前以前」「氷点下以下」 - この場合「紀元前」「氷点下」のみでよい。「氷点下よりも下回る」の場合は、「氷点を下回る」ではなく「氷点下となる」「0℃を下回る」などと言い換えると自然な表現になる。
  • から落馬」 - 単に「落馬」か「馬から落ちる」というのが適切。
  • 今年で8年目の年だ」 - 「年」が3つあるというトリプル重言。
  • 頭痛になった」 - 「頭が痛い」「頭痛になる」などが適切。

重言ではないもの[編集]

  • 頭痛が痛い」 - 重言の例としてよく用いられるが、痛いのは頭痛ではなく頭であるため、実際には重言ではなく非文。
  • 違和感を感じる」 - この表現に違和感を感じる人も多い。しかし「違和感」は「しっくりしない感覚」という意味で「感じる」という意味までは持たないため、重言ではないとの主張がある。それでも「違和感を感じる」に違和感を感じる場合は、「違和感を覚える」「違和感がある」「違和感を抱く」などと言い換えることができる。
  • 微少」や「困苦」、「温暖」のように、同じような意味の漢字を重ねた熟語は重言ではない。

特殊な例[編集]

過半数を超える」という表現の場合、「過半数」に「半数を超える」という意味があるため重言である。「半数を超える」または「過半数を占める」「過半数に達する」などが適当。

しかし、新聞やテレビなどの各種メディアは「過半数を超える」「過半数を上回る」などの表現を用いており、しばしば読者や視聴者から指摘が寄せられるようだ。これについては、「過半数」の定義を「半数を1または0.5上回る数」とすることで解釈されている[1][2][3]

脚注[編集]

関連項目[編集]

  • ウィンドとフレイムは村田版オリジナルキャラクター