漢語

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

漢語(かんご)は、中国由来のことばを指す。日本で作られた和製漢語もある。

由来[編集]

おおむね音読みの熟語を指す。和製漢語も多い。

和製漢語とは日本で作られた漢語である。 有名な例では「火事」「立腹」「芸者」がある。

和製漢語は明治時代に数多く作られた。欧米語の翻訳語として作られたものが多い。 和製漢語は中国に逆輸入された。 「共産党 幹部 指導 社会主義 市場 経済」 という語は、すべて和製漢語(日本製漢語)とされる[1]

漢語の例[編集]

対話、分布、考察、着目、構想、情景、保全、仮説等が挙げられている[2]

参考文献・注釈[編集]

  1. 中国語の中の日本語
  2. 河内昭浩(2016)『和語・漢語・外来語の指導』群馬大学教育学部紀要 人文・社会科学編,第65巻 pp.27-36