知多半島道路

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
知多半島道路
路線延長20.9km
開通年1970年7月15日
終点半田インターチェンジ
管理者愛知道路コンセッション
種類自動車専用道路(有料)

知多半島道路(ちたはんとうどうろ)は、愛知県知多半島を通る有料道路半田中央インターチェンジ大府インターチェンジを結ぶ道路である。愛知道路コンセッションが運営・管理する。

概要[編集]

場は、海水浴に行く家族で比較的が多いが、冬ともなると、セントレアに行く車とときたま住民が通る程度の閑散とした道となる[1]。路線延長20.9キロメートル。

インターチェンジなど[編集]

  • IC番号欄の背景色がである部分については道路が供用済みの区間を示している。また、施設名欄の背景色がである部分は施設が供用されていない、完成していないことを示す。
  • 未開通区間のJCT/IC名は仮称。
IC番号 施設名 接続路線名 起点から
km
備考 所在地
- 大高IC 国道23号名四国道)・名古屋高速道路3号大高線 0.0 名古屋市
- 大府西IC 国道302号名古屋環状2号線)・伊勢湾岸自動車道大府IC 2.6 半田方面のみ 大府市
- 大高TB
- 大府PA 名古屋方面のみ
- 大府東海IC 国道155号 7.2
- 東浦知多IC 愛知県道23号東浦名古屋線 10.3 知多郡東浦町
- 阿久比IC 愛知県道46号西尾知多線 14.0 知多郡阿久比町
- 阿久比PA 半田方面のみ
- 半田中央IC/JCT 知多横断道路愛知県道265号碧南半田常滑線 19.0 半田市
- 半田IC 南知多道路愛知県道34号半田常滑線 20.9
南知多道路 豊丘方面

脚注[編集]

  1. しかし、それはセントレアを行き過ぎた先の南知多道のほうが深刻である。

関連項目[編集]