王楷

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

王 楷(おう かい、生没年不詳)は、中国後漢末期の政治家武将

生涯[編集]

最初は曹操従事中郎として仕えたが、張邈張超陳宮許汜らと共に呂布に通じて謀反を起こし、以後は呂布の家臣となる[1]198年冬に曹操により呂布が追い詰められると、許汜と共に袁術の下へ援軍要請に赴くが、袁術は以前に呂布が約束違反した事を持ち出して呂布の娘(呂玲綺)を自分の下へ送り届ける条件を出した[1]。王楷はそれを呂布に伝えるために戻り、呂布は呂玲綺を連れて夜半に抜け出ようとしたができなかった[1]。呂布が曹操に処刑された後の動向は不明である[1]

三国志演義』では最初から呂布の家臣にされている以外は史実どおりである[1]

脚注[編集]

  1. 1.0 1.1 1.2 1.3 1.4 小出『三国志武将事典』P202

参考文献[編集]