朝鮮民主主義人民共和国のメディア

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
移動先: 案内検索

朝鮮民主主義人民共和国のメディア(チョソンみんしゅしゅぎじんみんきょうわこくのメディア)では、朝鮮民主主義人民共和国のメディア・そしてその日本での視聴・閲覧方法を記します。みたいという方・実践してみたい方は、下の外部リンクへどうぞ。

テレビ編[編集]

テレビ一覧[編集]

詳細は「朝鮮中央テレビ」を参照

詳細は「龍岳山テレビ」を参照

詳細は「万寿台テレビ」を参照

詳細は「体育テレビ」を参照

視聴方法[編集]

朝鮮中央テレビ[編集]

放送範囲は朝鮮国内の全範囲で見ることができる。2017年12月4日には過去の映像や再放送を除き多くの番組がそれまでの4:3から16:9の高精細度テレビジョン放送となる。よって実質的に地上デジタル放送に移行され、テストパターン映像もリニューアルされた。 カラー方式はPAL方式で、国内には有線放送が整えられており、国内向け放送のうちテレビについてはケーブルテレビとなっている。このため、北朝鮮以外では視聴することができないが、朝鮮中央テレビのみについては、衛星放送を行なっている。

視聴方法[編集]
  1. 衛星放送を受信する - 「Thaicom5」というタイの人工衛星を用いて衛星放送を行なっている。静止軌道上東経78.5度に位置し、周波数/偏波はそれぞれ「3,696MHz/水平偏波」・シンボルレートは「4,167kS/s、FECは3/5」である。直径2メートル強のパラボラアンテナを向け、LNBとFTAチューナーの調整をすれば視聴可能
  2. インターネット放送(公式1) - 「ウリミンゾッキリ」のホームページ上でストリーミングサービスを行なっている。
  3. インターネット放送(公式2-1) - 「ブルクンビョルテレビ」というYouTubeのチャンネルでストリーミングサービスをしている。
  4. インターネット放送(公式2-2) - 「ブルクンビョルテレビ(live)」というYouTubeのチャンネルでライブ放送をしている。
  5. インターネット放送(公式3) - 「朝鮮の今日」のホームページ上でストリーミングサービスをしている。
  6. インターネット放送(公式4-1) - 朝鮮総聯系の「エルファテレビ」がストリーミングサービスをしている
  7. インターネット放送(公式4-2) - 朝鮮総聯系の「エルファテレビ」がライブ放送をしている。
  8. インターネット放送(半公式) - 朝鮮総連関係者とみられるユーザーがUSTREAMでライブ放送を配信している。
  9. インターネット放送(非公式1-1) - 「統一放送(SPTV)」がライブ放送をしている。
  10. インターネット放送(非公式1-2) - 「統一放送(SPTV)」がストリーミングサービスをしている。
  11. インターネット放送(非公式2) - 「ニコニコ生放送」でライブ放送をしている
  12. インターネット放送(非公式3) - YouTubeのチャンネル「dprknow」が一部番組のストリーミング放送をしている。

万寿台テレビ[編集]

視聴範囲は当初は平壌周辺に限っていたが、全国の主要都市で見られるようになった。 現在(2018年9月)のところ、日本での視聴方法はない。

龍岳山テレビ[編集]

国内(平壌・開城に限る)向けのPAL方式での放送と向けのNTSC方式第8チャンネルで放送。 南側の政府はジャミングをかけているが、ごく稀に電波状況によってソウル特別市北部と、それより北の京畿道(金浦市抱川市坡州市辺りなど)でみられる。 現在(2018年9月)のところ、日本での視聴方法はない。

体育テレビ[編集]

現在(2018年9月)のところ、日本・南での視聴方法はない。

ラジオ編[編集]

国内向け[編集]

対外向け[編集]

聴取方法[編集]

朝鮮中央放送[編集]

朝鮮の声放送[編集]

平壌放送[編集]

朝鮮人民軍FM放送[編集]

平壌FM放送[編集]

統一のこだま放送[編集]

新聞編[編集]

概要[編集]

朝鮮民主主義人民共和国にも新聞や雑誌はある。資材不足のせいかわからないが、発行元や発行される種類・ジャンル、部数自体もさほど多いわけではないが、一覧で見ると、結構な数だろうと思う。これらのほとんどは日本では見られない。

主要紙[編集]

地方紙・その他報道紙[編集]

  • 平壌新聞
  • 開城新聞
  • 南浦市新聞
  • 平南日報
  • 平北日報
  • 咸北日報
  • 咸南日報
  • 慈江日報
  • 両江日報
  • 江原日報
  • 黄南日報
  • 黄北日報
  • 統一新報

産業紙[編集]

  • 水産新聞
  • 農業勤労者

教育紙[編集]

  • 体育新聞
  • 社会安全
  • 教育新聞
  • 文学新聞
  • 交通新聞
  • 大学新聞

外国語紙[編集]

  • ピョンヤンタイムス(英語)- 平壌新聞発行
  • レ・ヌーベルドゥ・ピョンヤン(フランス語)
  • 朝鮮新報

閲覧方法[編集]

労働新聞[編集]

  1. 平壌でみる
  2. 平壌地下鉄駅構内で見る
  3. 労働新聞のホームページでアーカイブを見る
  4. 労働新聞のホームページでPDF版をみる
  5. ウリミンゾッキリでみる

民主朝鮮・統一新報[編集]

紙媒体を閲覧することは難しいが、ウリミンゾッキリで、記事は出ている。

朝鮮新報[編集]

日本で刊行されているため、容易に購読が可能。朝鮮語と日本語との併記されているため、学習に向いているとか。

その他[編集]

日本で見ることは不可能である。

雑誌[編集]

外部リンク[編集]

関連項目[編集]