普通自転車専用通行帯

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

普通自転車専用通行帯(ふつうじてんしゃせんようつうこうたい)は、日本の道路において、専ら自転車の通行のために車道の左端に設けられる車両通行帯(車線・レーン)で、自転車専用の標識と標示の両方が掲げられているもの[1]。地面が青や茶色に塗装されていることが多い[2]

自転車は、この自転車レーンを通行しなければならない[2]

類似のものに、標識のない自転車ナビマークがあるが、こちらは法律上、自転車の通行を強制するものではない。自転車を誘導しているものである。専ら自転車を通行させるための道路の区域として、自転車歩行者道(自歩道)もあるが、こちらは歩道に自転車専用部分を設けるものである。

自転車は、車道の一番左を走るべきものとして規定されていたが、これを守る自転車が少なく、歩行者が危険に晒されていた。この対策として、平成24年、国土交通省と警察庁が導入ガイドラインを発表し、全国で急速に普及した[3][4]

自動車や自動二輪は、ここを走行したり、駐車してはならない(停車は可能)[1][5]。自転車以外のリヤカーなどの軽車両も、ここを通行できない。走行すると、通行帯違反となり、交通反則切符が切られる[6]。実際には路上駐車が多く、なかなか自転車レーンを安全に走ることができないのが実情である[7]

幅は、1.0m以上が必要である。また、一方通行の道路で、自転車のみ両方通行できる道路は、両脇に、左側通行の自転車専用通行帯を設ける[8]

出典[編集]

  1. 1.0 1.1 CORPORATION, TOYOTA MOTOR. “知っておきたい「自転車専用通行帯」のアレコレ” (日本語). GAZOO.com. 2020年5月21日確認。
  2. 2.0 2.1 自転車歩行者道(自歩道)や自転車専用通行帯(自転車レーン)って何ですか?|運転|JAFクルマ何でも質問箱” (日本語). JAFクルマ何でも質問箱. 2020年5月21日確認。
  3. 自転車専用通行帯のルールを知っている!? 安心して通行できる自転車のルールを知ろう【クルマの達人になる】” (日本語). 自動車情報誌「ベストカー」 (2017年5月15日). 2020年5月21日確認。
  4. INC, SANKEI DIGITAL (2017年9月14日). “ルール違反多発…自転車事故最多の大阪で「専用通行ゾーン」急増中 防止の「切り札」に” (日本語). 産経WEST. 2020年5月23日確認。
  5. 自転車専用通行帯に停車しているクルマがあるけど、これっていいの?” (日本語). car-me.jp. 2020年5月21日確認。
  6. 町田初「自転車専用レーン」に道路標識-交通違反で罰則も”. 相模原町田経済新聞. 2020年5月23日確認。
  7. 税金で作った自転車専用レーンが走れない。動画がネットで大拡散” (日本語). まぐまぐニュース! (2019年12月19日). 2020年5月23日確認。
  8. http://www.hrr.mlit.go.jp/kanazawa/douro/bicycle/img/pdf/pdf05.pdf”. 20200521確認。