成層圏気流

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
Jump to navigation Jump to search

成層圏気流(せいそうけんきりゅう)とは、松本零士原作のOVA「ザ・コクピット」の第一話である。

概要[編集]

第二次世界大戦中のドイツ空軍戦闘機パイロットの物語である。

ストーリー[編集]

ラインダース大尉はドイツ空軍の撃墜王であった。イギリス空軍戦闘機スピットファイアとの空中戦で、僚機は敵機から攻撃を受けて空中爆発、彼の戦闘機も敵に追尾される。ドイツのフォッケウルフ Fw190 型は空気が希薄な高高度では性能が大幅に低下するため、スピットファイアから逃れることが困難となり、ラインダース大尉は被弾してもいない愛機から脱出してしまう。

ラインダース大尉には汚名挽回のチャンスが与えられる。それは、バフスタイン教授が開発した秘密兵器をV2号ロケットの発射場まで運ぶ大型機の護衛であった。ラインダースは出発の直前、積み荷が原子爆弾であることを教授の娘から知らされる。

原爆を守り抜いて核攻撃を成功させれば汚名は挽回される。しかし、その結果大勢の民間人が殺されるのである。ラインダース大尉は、高高度での性能を大幅に向上させた最新型のフォッケウルフ Ta152型 で飛び立つ。原爆を積んだ大型機にイギリス空軍の戦闘機スピットファイア3機が近付いてくるが、ラインダースは1機を容易く撃墜する。その後、彼が取った行動は・・・

関連項目[編集]