尹奉

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
移動先: 案内検索

尹 奉(いん ほう、生没年不詳)は、中国後漢末期から三国時代にかけての武将政治家次曾(じそう)[1]

生涯[編集]

涼州漢陽郡天水郡)の出身[1]曹操に仕え、楊阜趙昂と共に涼州の従事となる[1]214年馬超が攻めて来た際に一時、馬超に降伏する[1]。しかし趙衢らと謀って馬超が姜叙を討伐するために出陣している隙をついて馬超の妻子を殺害して馬超を漢中郡に敗走させた[1]。後に敦煌郡太守に任命されるが、任地は在地豪族の力が強かったので太守としての力を振るえず旧習に従うしかなく、後任の太守に任命された倉慈によってこれは改められている[1]

三国志演義』では第64回で馬超との戦いで登場し、歴城の統兵校尉という地位にある。楊阜が馬超打倒の兵を挙げた際に協力しているが、そのために自らの家族は馬超により皆殺しにされている。

脚注[編集]

  1. 1.0 1.1 1.2 1.3 1.4 1.5 小出『三国志武将事典』P228

参考文献[編集]