尖閣諸島

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
尖閣諸島の空撮 (中国語)

尖閣諸島とは、日本沖縄県に属する島である。しかし、中華人民共和国などが「自分のものだ」と主張している。

石垣島の北北西およそ175キロメートルに位置する釣魚島と、周囲に浮かぶ2つの小島や岩礁群である。中国では以前は「釣魚嶼」と呼ばれていたが、現在では「釣魚台列島」と呼ばれている。

イギリス海軍が形状から「ピナクル・グループ」と名付けたのに基づき、当時の日本海軍の水路誌にも「ピンナックル島」(尖頭諸嶼)と記録されていた。明治33年(1900年)に黒岩恒が探検調査して、釣魚島、尖頭諸嶼およびその東北の黄尾嶼を総称して、尖閣諸島と名付けたと言われている。

島の一覧[編集]


北小島が3つもあるのはややこしい。