小川範子

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Achtung.png 意見募集
谷本重美から小川範子への統合に関する意見が出されています。
議論はトーク:谷本重美で行われています。
Wikipedia-logo.pngウィキペディア小川範子の項目があります。

小川範子(おがわのりこ、1973年7月20日 - )は、日本の女優・歌手。本名、吉田重美(よしだしげみ)。

経歴[編集]

1973年7月20日、東京都に生まれる。出生名:谷本重美

6歳のころより谷本重美名義で子役・ロリータモデルとして活動。

1987年放送のテレビドラマ『魔夏少女』から、芸名を小川範子に変更している。同年11月には『涙をたばねて』(トーラスレコード)で歌手デビュー。

1987年12月25日、『3年B組金八先生』の特別編『3年B組金八先生スペシャル6 新・十五歳の母』(TBS)に、妊娠する中学生役で出演。

3rdシングル「こわれる」から5作連続でオリコンチャートトップ10入りを果たし、アイドル歌手としても人気を得る。

1988年、『はぐれ刑事純情派』(EX)で安浦刑事の娘ユカ役として出演。以降、2009年まで続く長寿番組となる同作でレギュラー出演を続けた。

1989年夏、「花王 愛の劇場」枠にて放送された『夏色の天使』(TBS)で主演をつとめる。主題歌も担当。

歌手デビューして初めて歌った舞台が早稲田祭だという彼女はその校風に憧れ、自己推薦入試にて幼少期からの多彩な芸能活動をアピールし1993年 に早稲田大学社会科学部に入学した。入学後も女優と大学を両立させて1997年に卒業した。ゼミは国際人権法。紅茶研究会に所属。

1998年、ひとり芝居『不真面目な十七歳』では初めての恋でエイズウイルスに感染した17歳の少女の役を演じた。

2005年、長年出演した『はぐれ刑事純情派』のレギュラーシリーズの放送が終了。同年7月1日、TBS社員で『スタンドバイミー』制作に 関わり交流のあった22歳年上の演出家吉田秋生と結婚。吉田重美となる。以後、芸能活動は減少。

2017年12月20日、歌手デビュー30周年を記念し、新たにレコーディングした音源入りのベストアルバム『30th Anniversary Best』を発売。

映画[編集]

  • はぐれ刑事純情派(1989年)東映=テレビ朝日
  • WINDS OF GOD(1995年)松竹第一興行=ケイエスエス
  • なにわ忠臣蔵(1997年)ケイエスエス 松竹
  • ドルフィンスイム(2004年)カエルカフェ

テレビドラマ[編集]

NHK

  • いもうと〜異父妹〜(1989年3月20日)
  • 腕におぼえあり2(1992年9月4日 - 11月27日) - みさ 役
  • 十時半睡事件帖(1994年9月16日 - 1995年3月17日)
  • 加賀百万石〜母と子の戦国サバイバル(1999年1月1日 NHK-BS9(ハイビジョン試験放送)、1999年1月3日 NHK総合) - ちよ→寿福院(前田利家側室)役
  • 新・南部大吉交番日記(1999年8月12日 - 8月26日 NHK-BS2、2000年1月29日 - 2月12日 NHK総合)
  • 大河ドラマ「葵 徳川三代」(2000年1月9日 - 12月17日) - 九条完子 役
  • ジャンヌ・ダルク(2002年11月8日 NHK-BS2)- 主人公・ジャンヌ・ダルク 役 声の吹き替え
  • チェオクの剣(2005年11月 - 2006年2月 NHK-BS2、2006年12月2日 - 2007年3月17日 NHK総合、韓国では2003年7月28日 - 9月9日)- 主人公・チェオク 役 声の吹き替え

TBS

  • 魔夏少女(1987年) - 木下綾 役
  • スタンドバイミー 〜気まぐれ白書〜(1987年) - 上田伸恵 役
  • 家庭の問題(1987年-1988年)
  • 3年B組金八先生スペシャル6(1987年)
  • 愛に燃える戦国の女 豊臣家の人々より(1988年)
  • 代議士の妻たち2(1988年) - 金森悠子 役
  • 東芝日曜劇場
    • 「ツッパリ娘が父親の泥棒を見た…」1・2(ともに1988年)
    • 「ちょっとがむしゃら人生」(1991年)
    • 「あら、まッ」(1992年)
    • 「Dear ウーマン」 (1996年)
  • 花王愛の劇場『夏色の天使』(1989年)主演 - 堀江野々香 役
  • 閨閥(1990年)
  • 月曜ドラマスペシャル
    • 「自主退学」(1990年) - 高木まゆみ 役
    • 「太陽へのラブレター」(1990年)
    • 「霊感商法株式会社」「ラスト・コンサート」(1991年)
    • 「定年、長い余白」(1993年)
    • 「乱歩-妖しき女たち」「密室の少女」(1994年)
    • 「退職刑事の事件帳4 函館・啄木追跡旅行」(1996年)
    • 「出世と左遷」(1996年)
  • 浮浪雲(1990年)
  • 先生のお気に入り(1991年)
  • 遠い夏 遠い夢(1992年)
  • 夜空の晩餐会(1993年、毎日放送)
  • 東京エレベーターガール(1992年)声の出演
  • 泣きたい夜もある(1993年、MBS)
  • 女の言い分(1994年) - 西郷静 役
  • 女囚 塀の中の女たち2(1995年)
  • 番茶も出花(1997年)
  • ああ嫁姑(1999年、毎日放送)
  • 月曜ミステリー劇場
    • 「警察庁特別広域捜査官宮之原警部 丹後浦島伝説殺人事件」(2003年)
  • ドラマ30『ひとりじゃないの』(2001年、毎日放送)主演 - 和泉珠子 役
  • HOTELスペシャル2002春(2002年)

日本テレビ

  • 水曜グランドロマン
    • 「思春期外来1」(1989年)
    • 「海はきっと、君にやさしい」(1990年)
  • 先生でいたい(1992年、読売テレビ)
  • 火曜サスペンス劇場
    • 「指名手配3」(2000年) - 足立京子 役
    • 「監察医・室生亜季子29・不完全な心中」(2001年) - 松下泰子 役
    • 「警視庁鑑識班14」(2002年4月9日) - 戸塚香織 役

フジテレビ

  • 森村誠一サスペンス「シンデレラスター殺人事件」(1987年、関西テレビ放送) - 村岡ミカ 役
  • 明日に向かって走れ!(1989年、大映テレビ)
  • 裸の大将 第42話「清と老人と海と」(1990年8月26日、関西テレビ) - 理恵子 役
  • 金曜エンタテイメント
    • 「ドクター小石の事件カルテ2」(2006年)

テレビ朝日

  • はぐれ刑事純情派(1988年-2009年) - 安浦ユカ 役
  • ああ結婚式(1988年)
  • 裏窓の女(1992年)
  • 土曜ワイド劇場
    • 「運命の銃口」(1992年) - 国分範子 役
    • 「“繭の密室”連続殺人事件」(1998年) - 日比野ゆかり 役
    • 「おばはん刑事!流石姫子2」(1999年) - 沢木麗 役
    • 「火災調査官・紅蓮次郎3」(2004年) - 紺野萌 役
    • 「森村誠一の密閉山脈」(2005年) - 湯浅貴久子 役
  • 意地っぱり(1993年)
  • 湯けむり純情 〜早春恋物語(1995年、名古屋テレビ)
  • 赤ひげ(1997年)
  • 新・御宿かわせみ(1997年)
  • サラリーマン金太郎 第7話(2008年) - 北森美奈子 役

テレビ東京

  • 春雷の目撃者(1990年)
  • 映画みたいな恋したい「バック・トゥ・ザ・フューチャー」(1992年)
  • 東京殺人旅行
  • 命うるわしく 訪問看護婦物語(1995年)
  • 女と愛とミステリー
    • 「窓際信金マンの事件帳簿2」(2004年) - 鈴木恵理 役

ラジオ[編集]

  • 小川範子 だって15才(1988年 - 1989年、ニッポン放送)
  • 小川範子 素顔で片想い(1989年、ニッポン放送)
  • 範ちゃん通信(1988年 - 1992年 MBSラジオ)
  • Radio THIS 茶屋町学園(MBSラジオ)
  • 小川範子 アンバランスヒロイン(文化放送)
  • 小川範子のとってもスウィートルーム(文化放送)
  • 東京少女物語(TBSラジオ)
  • 青春アドベンチャー(NHK-FM)
    • 「星虫」(1992年)
    • 「モー!いいかげんにして!」(1996年)
    • 「星の感触」(1997年) - サエラ役
    • 「二の悲劇」(2000年) - 清原奈津美役

舞台[編集]

  • 夜の鶴(1991年、94年)
  • 光(1991年、92年)
  • 女たちの十二夜(1993年)
  • まっしろな嘘(1993年)
  • シェルブールの雨傘(1993年、96年、97年)
  • 上方花舞台〜次郎吉十日戒〜(1994年)
  • 舞踏会の冒険(1994年)
  • ザ・サウンド・オブ・ミュージック(1995年)
  • 月川理髪店の午後(1996年)
  • 走れメロス(1996年)
  • 波の鼓(1996年、98年)
  • ヴェロニカの部屋(1997年)
  • 愛の年表(1998年)
  • もし我々が何かを失ったとき後に残るものはいったい(1998年)
  • 不真面目な十七歳(1998年、99年)
  • 戸惑いの日曜日〜アパッチ砦の攻防〜より(1999年)
  • まかしときなはれ(1999年、2000年)
  • 鏡(2000年)
  • ご存じ一心太助〜目から鱗の物語〜(2000年)
  • 母たちの国へ(2001年)
  • おはん(2001年)
  • 花の情(2001年)
  • 夕やけ小やけでまだ日は暮れぬ(2002年)

ディスコグラフィー[編集]

発売日 規格 規格品番 タイトル 作詞 作曲 編曲
1987年11月25日 EP 07TR-1172 A 涙をたばねて~あなたへの独り言~ 川村真澄 中崎英也 萩田光雄
8cmCD 10TX-5004 B 嘆きの天使 井上ヨシマサ
1988年3月5日 EP 07TR-1178 A 永遠のうたたね 川村真澄 山川恵津子 萩田光雄
8cmCD 10TX-5001 B 好きにならないで
1988年7月13日 EP 07TR-1188 A こわれる 川村真澄 中崎英也 米光亮
8cmCD 10TX-5013 B 夜明けのクロスワード 井上ヨシマサ
1988年11月15日 EP 07TR-1202 A ガラスの目隠し 川村真澄 JULIA 米光亮
8cmCD 10TX-5021 B 頬に、胸に 井上ヨシマサ
1989年3月8日 EP 07TR-7207 A 桜桃記(ひとひら) 川村真澄 JULIA 米光亮
8cmCD 10TX-7207 B 翼の跡
1989年7月12日 EP 07TR-7218 A 夏色の天使 川村真澄 井上ヨシマサ 米光亮
8cmCD 10TX-7218 B そのとき 吉実明宏
1989年11月15日 8cmCD TADX-7301 A 無実の罪 松井五郎 上田知華 新川博
B 矛盾 徳永英明
1990年3月14日 8cmCD TADX-7308 A ひとみしりAngel 〜天使たちの Lesson 〜 風堂美起 楠瀬誠志郎 新川博
B 一番遠い10センチ 高柳恋 井上ヨシマサ
1990年7月4日 8cmCD TADX-7314 A バスルームの幻想 川村真澄 樫原伸彦 Patrice PEYRIERAS
B 月光熱 上田知華
1990年12月5日 8cmCD TADX-7320 A マリオネットは眠らない 高柳恋 吉実明宏 藤原いくろう
B さよならは踊る 森本抄夜子 JULIA 米光亮
1991年3月27日 8cmCD TADX-7329 A 寝た子を起こす子守唄 阿木燿子 宇崎竜童 鶴由雄
B つまさき 川村真澄 多々納好夫
1991年9月27日 8cmCD TADX-7341 A 8月のカレンダー 深野義和 野村豊
B お月様にも嫌われちゃいそう しげみ 篠田元一
1992年7月22日 8cmCD TADX-7351 A 素直にジェラシー 古賀勝哉 山口美央子 岩本正樹
B しんかろんの歌 〜「極楽蜻蛉一家の贈り物」より〜 加藤幸子 義野裕明
1993年3月24日 8cmCD TADX-7357 A 恋をしようと思う 遠藤京子 若草恵
B BLUE SKY
1993年9月8日 8cmCD TADX-7368 A 愛されすぎて 美雪 山川恵津子
B もう一度会いたい 飯島真理
1994年11月9日 8cmCD TADX-7400 A レクイエム 林あまり 筒美京平 山川恵津子
B 臆病なライオン 工藤順子 山川恵津子
1995年3月29日 8cmCD TADX-7408 A 信じていいよね 工藤順子 羽場仁志 林有三
B EYE TO EYE 城軽美 都筑孝
1995年9月25日 8cmCD TADX-7415 A それぞれの愛 片桐麻美 岸村正実
B 夏のこだま
1996年1月25日 8cmCD TADX-7425 A 会いたいと思えたならいいね 白峰美津子 岡本朗 岸村正実
B 思い出の向こうに 大津あきら 都志見隆 若草恵
1996年4月25日 8cmCD TADX-7432 A GURU・GURU・SURU・YORU 城軽美 都筑孝
B 彼女(オードリー)になりたい 遠藤京子 難波弘之
1999年11月27日 CD KACA-1090[1] 1 湿地帯と金魚 蒼井紅茶 ヲノサトル
2 書斎
3 BED-SIDE 林あまり
4 湿地帯と金魚(COOL BOSSA MIX) 蒼井紅茶
5 書斎(CHAMBER MIX) ヲノサトル 渋谷慶一郎
2004年11月21日 CD VICL-35730 1 波のトリコになるように[2] サエキけんぞう 菊地成孔
2 悲しい予感[3]
2005年12月14日 CD PCCA-70130 1 悲歌 キム・ヘウン

邦詞:くれようこ

ピョ・コンス Shek
2 宿命〜チェオクナレーションバージョン〜 ジョン・ギソク
3 宿命

出版[編集]

本人著書[編集]

  • 『夢・シンフォニー 』小川範子(文)+おおた慶文(画)(1991年、白泉社)
  • 『小川範子のおっこらせ日記 フォトエッセイ集』(1990年、角川書店)

写真集[編集]

  • 「少女趣味」VOL.2(昴出版)1994年
  • 「幻影少女」(スピリッツ企画)
  • こわしたくない…(1988年、講談社)
  • カセットポエム&フォト「童詩/わらべうた」(1988年、近代映画社)
  • 季節絵日記(1989年、ワニブックス)
  • 吟遊少女(1989年、CBS・ソニー出版)
  • RIO(1990年、富士見書房) ※笹本祐一著のフォトノベル。RIOに扮した写真が多数掲載されている
  • TAKAN(1990年、白泉社)
  • 月刊 小川範子(2000年、新潮社、撮影:藤代冥砂)

関連項目[編集]

出典・脚注[編集]

  1. ogawa名義で発売
  2. アニメ「月詠 -MOON PHASE-」挿入歌。
  3. marianne Amplifier feat. yukaが歌うアニメ「月詠 -MOON PHASE-」エンディングテーマ