小中華思想

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

小中華思想(しょうちゅうかしそう、英:Sojunghwa)とは、朝鮮で唱えられた中華思想の一種の変形で、朝鮮は中華に近い存在とする主義・思想。

レーダー照射などの事案で韓国日本に執拗に謝罪を要求するのは、事大主義と小中華思想が原因とする見方がある[1]。それによると韓国は日本に「深い恨み」を持ち続ける傾向がある模様。日本は韓国に殺されないよう注意が必要だと思われる[2]。カインがアベルを殺したのも「恨み」が原因という説がある[要出典]

脚注[編集]

  1. 韓国の日本への執拗な謝罪要求は事大主義と小中華思想が理由”. NEWSポストセブン (2013年12月11日). 2019年1月31日確認。
  2. ヨハネの第一の手紙(口語訳)3章15節”. ウィキソース (2017年1月2日). 2019年1月31日確認。

関連項目[編集]

他事典リンク¦ウィキペディア ¦アンサイクロペディア ¦コトバンク