安田猛 (野球)

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikipedia-logo.pngウィキペディア安田猛 (野球)の項目があります。

安田 猛(やすだ たけし、昭和22年(1947年4月25日 - 令和3年(2021年2月)は、福岡県椎田町(現:築上町)出身のプロ野球選手投手)。

経歴[編集]

福岡県小倉高校から早稲田大学、そして大昭和製紙を経て、昭和47年(1972年)にヤクルトスワローズに入団する。左投げの技巧派投手として活躍し、新人王に選ばれた1年目から2年連続で最優秀防御率のタイトルを獲得した。81イニング連続無四球というプロ野球記録も樹立している。昭和56年(1981年)に現役引退すると、以後はコーチなど指導者として活動し、母校の小倉高校でも指導したりした。

プロとしての通算成績は358試合に登板して93勝80敗17セーブで、防御率は3.26であった。

令和3年(2021年)2月に死去した。73歳没。

詳細情報[編集]

タイトル[編集]

表彰[編集]

記録[編集]

初記録
  • 初登板:1972年4月16日、対大洋ホエールズ1回戦(明治神宮野球場)、4回表から2番手で救援登板、3回2失点
  • 初先発:1972年4月18日、対阪神タイガース1回戦(神宮)、7回1/3を1失点で勝敗つかず
  • 初勝利:1972年4月27日、対広島東洋カープ2回戦(広島市民球場)、4回裏から2番手で救援登板・完了、6回1失点
  • 初完投・初完封:1972年8月5日、対大洋ホエールズ15回戦(川崎球場
  • 初本塁打:1974年10月10日、対中日ドラゴンズ25回戦(神宮)、2回裏に三沢淳から2ラン
  • 初セーブ:1975年6月1日、対広島東洋カープ6回戦(広島)、9回裏から2番手で救援登板・完了、1回無失点
その他の記録
  • オールスターゲーム出場:3回 (1973年、1975年、1977年)
  • 連続イニング無四球数(1シーズン[1]):81イニング(1973年、NPB記録)

背番号[編集]

  • 22 (1972年 - 1981年)
  • 79 (1982年 - 1986年)
  • 82 (1990年 - 1994年)

脚注[編集]

  1. シーズンをまたいだ場合、1949~50年の白木義一郎の92イニング