名港トリトン

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

名港トリトン(めいこうとりとん)は、愛知県名古屋市の名古屋港沿岸にある、伊勢湾岸自動車道名港西大橋名港中央大橋名港東大橋の総称である。共に伊勢湾沿岸に広がる工業地帯が望める。[1]

概要[編集]

名港西大橋のみ上下線に各一本の橋があり、ほかの中央大橋東大橋は上下線共に一本の橋である。また、上下線共に伊勢湾岸自動車道のほかの区間と同じように全線は三車線となっており、見た目は西瀬戸自動車道多々羅大橋を小さくしたような形をしている。[2]

当初、この区間だけ開通した時には、需要がほとんどなかったが、現在のように四日市ジャンクションから豊田東ジャンクションまで開通すると、名古屋の抜け道としてという目的はもちろん、東海環状自動車道名古屋第二環状自動車道(名二環)のそれぞれ環状の一部を形成しており、また、新東名高速道路新名神高速道路を接続する役割も担っている。

深夜の右斜線(追越車線)は、快走路をかっ飛ばしていく車が多い。また、それをイタチゴッコのように追っかける警察を見ることも頻繁にある。

この節は執筆の途中です この節はまだ執筆途中です。加筆、訂正して下さる協力者を募集中!


脚注[編集]

  1. といえばよく聞こえるが、実際はそれしかない。
  2. いわゆる、よくある橋。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]