南海トラフ大地震

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

南海トラフ大地震(なんかいトラフだいじしん)は、もうすぐ来る、もう来るといわれるも2016年4月熊本地震2018年6月大阪北部地震9月北海道胆振東部地震などに先を譲る、のんびりした、しかし怒らせると怖い地震である。文献史料上、南海トラフでは周期的に地震が発生しているため、その周期に則りまもなく来ると考えられていて、今後30年以内に地震が発生する確率が80%と予測されている。

地震がなかなか発生しないのは何故なのか[編集]

前述のように、地震がなかなか発生せず上記のような断層型地震に先を譲るのには下記のような諸説がある。

地震への備え促進説[編集]

南海トラフ大地震(以下南海地震)では、私たちが経験したことのないような被害が、津波地震動によって発生するといわれている。そのため、南海地震が各断層と、「地震そのものは大きいが被害はそれほど大きくない」地震を断層が起こすように折り合いをつけているという説である。この説は思いやりのあるこの日本では広く国民に受け入れられている説である。

外部リンク[編集]

南海トラフ地震の被害想定- 南海トラフ大地震での被害の予想が市区町村ごとに示されている。

他事典リンク¦ウィキペディア