中川一郎

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikipedia-logo.pngウィキペディア中川一郎の項目があります。

中川 一郎(なかがわ いちろう、1925年大正14年)3月9日 - 1983年昭和58年)1月9日)は、日本政治家衆議院議員。自由民主党の派閥・中川派の領袖。自民党総裁候補で総理候補になったこともある。

農林大臣、農林水産大臣(初代)、国務大臣科学技術庁長官を歴任。「北海のヒグマ」と呼ばれ、タカ派議員として知られていた。平成期に閣僚を務めた中川昭一は長男。参議院議員を務めた中川義雄は実弟。北海道十勝農業学校、官立宇都宮高等農林学校、九州帝国大学農学部卒業。

急死は自殺とされているが遺書は無く、病死や他殺説も存在する。