国鉄キハ185系気動車

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Achtung.png 意見募集
内容に関する意見が出されています。
議論は「トークページ」で行われています。

国鉄キハ185系気動車とは、日本国有鉄道が製造、民営化後はJR四国が全車継承した鉄道車両である。ここではJR九州譲渡車は取り扱わない。詳細はJR九州キハ185系気動車を参照されたい。

概要[編集]

国鉄が最後に開発した特急形車両で、国鉄分割民営化を控えた1986年に四国地区向けに製造された車両の一つ。いわば国鉄の置き土産である。
それまで四国の特急列車に用いられていたキハ181ではなく、老朽化した急行形のキハ58/65等急行型気動車の代替車と位置付けられ、置き換えと同時に急行列車を特急に格上げし、民営化後のJR四国の経営基盤安定化を図る目的で開発。

運用[編集]

2022年現在、JR四国の定期特急列車は振り子機能を使用しない徳島県内の「剣山」、「むろと」を中心に運用され、車両基地への送り込みのため「うずしお」1往復にも使用される。
臨時での特急使用は、多客期の高松〜多度津間、分割運行の「いしづち」、「しまんと」に見られる。

車体構造[編集]

短編成化への対応[編集]

本系列は、

  • 運転台・トイレ付普通車キハ185形0番台
  • キハ185-0トイレなしverキハ185形1000番台
  • 運転台無グリーン・普通合造車キロハ186形

の3種類から構成され、普通車の中間車が存在しないことが特徴。基本的にはキハ58系列と同じ。

なお当形式では固定編成を前提とする考えから脱却した。特急形気動車ではあるが、電気式冷暖房など一般形気動車と異なる「特別な構造」を用いることをやめ、一般形気動車に近い機器構成とされた。また冷房装置にはバス用既製品を使用し、キハ185形は走行用エンジンで、キロハ186形は専用の小型エンジンで、それぞれコンプレッサーを直接駆動する方式(機関直結式)を採用した。要約すると、

  • 固定編成の削減
  • コストカット

以上の二点が大幅に行われたのである。

車体素材[編集]

国鉄特急形車両としては初めてステンレス車体が採用され、軽量化とメンテナンスフリーが両立された。
なお、ステンレス製の車両がこの頃から増加。電車では211系205系などが相当し、気動車でも同時期にキハ54形キハ31形ステンレス車体が採用された。

車両型式ごとの説明[編集]

0番台[編集]

片運転台を持つ普通車。行先表示器、トイレと洗面所を設置、26両製造。

1000番台[編集]

片運転台を持つ普通車。0番台の相違点はトイレが設置されていない。18両製造。

キロハ[編集]

中間車両でグリーン席・普通席の合造車。なおこの形式の冷房装置の動力は、2エンジン搭載で出力に余力があるため機関直結とされたキハ185形と異なり、床下に装架された専用の小型エンジンから得ている。行先表示器設置。8両製造。

特徴的な車両ごとの紹介[編集]

JR九州車[編集]

詳細は「JR九州キハ185系気動車」を参照

キロハ-1[編集]

2社合わせても初めてかつ、2022年時点で唯一の廃車車両。他のキロハがジョイフルトレインに改造されたりJR九州に譲渡されたりする中で唯一原型で残っていたが2013年に廃車、のちに解体されている。

キロハ-2[編集]

-2は2002年10月6日に運転開始した「剣山」・「うずしお」の「アンパンマン列車」用「ゆうゆうアンパンマンカー」へ改造。
形式や車番の変更はしていないが、専用塗装に変更し、グリーン室は車端寄りの座席1列を撤去してベビーカー置場とし、普通席との仕切り扉を撤去し、普通席部分は座席を撤去してプレイルームを設置。子供連れでも使いやすい車両となっている。
また、当車両はリニューアルを施して2007年10月6日から新しいラッピングで営業運転を開始した。このとき2位側のベビーカー置場を売店に改造している。

キロ-4[編集]

キロハ186形のうち、JR四国のジョイフルトレインアイランドエクスプレス四国II」として2000年に多度津工場で改造。
車体は専用のラッピングが施されている。定員は30名。
なお、運転台とトイレ、洗面所を持たないため、両端には、車体後部にラッピングを施したキハ185-11/12を連結して運転。
後に伊予灘ものがたり2代目車両の中間車へ改造された。

キロハ-8[編集]

2017年4月運行開始の土讃線の観光列車「四国まんなか千年ものがたり」の2号車として同年に「アイランドエクスプレス四国II」で使用されていた0番台から改造。

3000番台[編集]

キハ185形0番台を普通列車仕様に改造した車両。2006年6月に2両とも元の仕様に戻されため現存しない。

3100番台[編集]

こちらもキハ185形1000番台を普通列車仕様に改造した車両。3000番台と違いトイレがない。

なお、-3102は2017年4月運行開始の土讃線の観光列車「四国まんなか千年ものがたり」の3号車として、-3113は2022年運行開始の2代目伊予灘ものがたりの1号車として再改造。

キロ185-0番台[編集]

キハ185形0番台のうち、アンパンマントロッコの控車として使用されていた-26が2015年のリニューアルに伴い格上げ改造が施工された。
車内はボックスシートに改装されている。

四国まんなか千年ものがたり[編集]

詳細は「四国まんなか千年ものがたり」を参照

志国土佐 時代の夜明けのものがたり[編集]

詳細は「志国土佐 時代の夜明けのものがたり」を参照

伊予灘ものがたり[編集]

詳細は「伊予灘ものがたり#2代目」を参照

関連ページ[編集]