トマト

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

トマト(とまと)は、植物界種子植物目被子植物亜門双子葉植物綱ナス科の草本。

概要[編集]

草本であるが、環境によっては木本になることもある。

産地[編集]

南アメリカで栽培されていた。ヨーロッパを経由して世界中に広まった。日本には19世紀末に渡来したが、当初は観賞用だった。

用途[編集]

野菜として栽培されている。果実は甘酸味があり、果物のように生食できる。ミニトマトなどの種類がある。主にい色をしているが、色の品種もある。生食のほか、料理にも使われる。