タガノゴールド

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
タガノゴールド
欧字表記Tagano Gold[1]
品種サラブレッド[1]
性別[1]
毛色栗毛[1]
生誕2011年3月15日[1]
ゴールドアリュール[1]
アンテヴォルテ[1]
母の父ブライアンズタイム[1]
生国日本国旗.png日本北海道新冠町[1]
生産新冠タガノファーム[1]
馬主八木良司八木秀之 [1]
調教師川村禎彦栗東
新子雅司園田[1]
競走成績
生涯成績54戦14勝[1]
獲得賞金1億7,385万5000円
(2020年8月1日現在)[1]

タガノゴールド[1]日本競走馬

戦績[編集]

JRAで通算5勝をあげオープンクラスまで出世した馬で、2018年の兵庫転入後すぐに当地の大将格に就く。移籍3戦目のJBCクラシックでは地方馬最先着の9着、2020年のダイオライト記念も関東圏への遠征で5着と、中長距離ではダートグレード競走の一線級の相手でも張り合える。

メイショウ、エイシンといった有力馬主が参戦する兵庫県競馬においても引けを取らない存在感を誇る「タガノ」の冠名を代表する一頭。

脚注[編集]

外部リンク[編集]