MediaWikiサイトにおける一行記事の扱い

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

MediaWikiサイトにおける一行記事の扱いでは、MediaWikiのシステムを利用するウィキサイトにおいて、一行記事がどう扱われているのかを解説する。

概要[編集]

MediaWikiを筆頭として、ウィキシステムは自身の書いた記述を誰か見知らぬ他者が加筆してくれるというメリットがある。それゆえ、一部の利用者(多くは編集経験の少ないライトユーザー)には、たとえ自分が一行記事を立てたとしても他の利用者がどうにか書き加えてくれるだろうと甘い考えをもって一行記事を乱立する場合がある。しかし、一行記事を立項するのと、それに加筆を加えるのではあまりに労力が違いすぎて、よほどアクティブユーザーに満ちた大手ウィキ(⇔過疎ペディア)でなければすぐに一行記事にあふれたつまらないウィキになってしまうため、一行記事を規制するウィキも少なくない。または、一行記事は情報源にならないので必要ないというウィキサイトも多い。

特にこれは閲覧者が圧倒的に多いサイトや、ユーモアを求めるサイトに顕著であるといえよう。

そもそも一行記事って何?[編集]

殆ど文章のないページのこと。一般にはよくあるサイズのモニターで見たときに一行になってしまう記事の事を指す。

なお、この記事の筆者は「端末を選べば(例えば携帯電話で閲覧すれば)2行、もしくはそれ以上になることもあるんだから「一行記事」という名前は不平等だ!改名しろ!」のような指摘は受け付けない。これはあくまで多くのMediaWikiサイトで慣例的にこの単語が用いられているため、それに倣っているだけであるからだ。

サイト別の取り扱い[編集]

この節では各サイトごとの一行記事の取り扱いを記す。

この節は執筆の途中です この節はまだ執筆途中です。加筆、訂正して下さる協力者を募集中!

ウィキペディア日本語版[編集]

ウィキペディアは分野ごとにスタイルマニュアルが既に厳格に定められていて、その形で書くことが方針化されている。つまり、ウィキペディアでは一行だろうがなんだろうが、そもそも自己流に記事を書くこと自体タブーな行為なのだ。なんなら荒らし行為にもなる。

というか、そこそもこのウィキは他のウィキサイトとは比べ物にならない程大量のページが既にあり、もはや何を書くにも新しい項目を立項する必要なんてなかったりする。

アンサイクロペディア日本語版[編集]

アンサイクロペディアは厳しい世界なので、一行だろうがなんだろうがユーモアがなければ容赦なくシスオペに削除されてしまう。しかし、これを逆説的に捉えれるならば、万人受けするユーモアを含ませればどんな体裁でも記事を立項することが許されるということでもある。例えば、ニヒリズムの記事に至っては、一行どころか文字ひとつすらないが、ユーモアにあふれているのでむしろ長年アンサイクロペディアの名物記事として崇められる存在となっている。また、カオスの記事では、むしろ日本語の文章としての体裁をまったく保たないほど混沌とした、これまたユーモアある自己言及的なページとして一つの名物になっている。

エンペディア[編集]

ゆるさが売りのここエンペディアでは、現在特に一行記事の立項を禁ずるという方針はない。また、ウィキペディアなどとは違い「スタブ(記事未満)」という概念は存在しない。[1]しかし、利用者によっては一行記事をよく思わなく、場合によっては咎められることも無いわけではないし、その行為を明確に禁止する規則もまたあるわけではない。なお、過去にはこのように、何度か短い記事の立項に制限を設けようと議論されたことはある。

なお、エンペディアはアンサイクロペディアのようなユーモアも積極的に取り入れていこうという方針なので、例えば「ファイトー!」のような全力でユーモアに走った一行記事もある。

関連項目[編集]

  • 1行記事専用の「エンディクショナリー」もあるにはある