高橋武智

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikipedia-logo.pngウィキペディア高橋武智の項目があります。

高橋 武智(たかはし たけとも、昭和10年(1935年) - 令和2年(2020年6月22日)は、日本の仏文学者翻訳家。日本戦没学生記念会(わだつみ会)理事長。

略歴[編集]

東京府出身。ベトナム戦争の反戦運動に関与し、著書も多数ある。また、第2次世界大戦中のナチス・ドイツによるユダヤ人の大量虐殺を主題にした映画「ショアー」の書籍版を邦訳した。

令和2年(2020年)午後1時5分、神奈川県横浜市青葉区老人ホームで死去。85歳没。

主な訳書[編集]

  • A・ゴルツ 『エコロジスト宣言』 (技術と人間/緑風出版) ISBN 4846180026
  • H・カレール=ダンコース 『崩壊したソ連帝国』 (新評論/藤原書店)ISBN 4938661039
  • クロード・ランズマン 『SHOAH』 (作品社
  • 『レ・タン・モデルヌ(現代誌)50周年記念号』 (共訳、緑風出版)
  • A・デル・ボカ 『ムッソリーニの毒ガス』 (監訳、大月書店) ISBN 4272530364 ほか。

編著[編集]

著書[編集]

  • 『私たちは、脱走アメリカ兵を越境させた…ベ平連/ジャテック、最後の密出国作戦の回想』(作品社、2007年11月、ISBN 978-4-86182-162-2)

共著[編集]

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]