長谷川潤 (教育者)

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

長谷川 潤(はせがわ じゅん、1947年昭和22年)11月10日[1] - )は、日本の教育者。元大阪府枚方市立桜丘中学校教諭[2][3]

福岡県生まれ[4]。1972年(昭和47年)同志社大学文学部卒業[1]。民間企業に勤務した後、1975年(昭和50年)から大阪府下で公立中学校の社会科教諭[4]。長年、生徒指導を担当した[3]

日教組の「反日教育」を批判し、雑誌『正論』に執筆、テレビ朝日朝まで生テレビ!」「サンデープロジェクト」、NHKことばテレビ」に出演した。また講演活動を行っていた[4]

退官後も講演活動を続けており、また保守系の運動を行っている。一日会(機関紙『神風』)メンバー[1]

著書[編集]

  • 『中学生亡国論――悪ガキに乗っ取られた学校』 全貌社、1999年
  • 『学校の常識――生涯ヒラ教師があえて書きました』 アートヴィレッジ、2004年

脚注[編集]

外部リンク[編集]