紀年法

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

紀年法(きねんほう)とは、年を数える方法である。歴史的に開始年を定め、そこからの年数で特定の年を数える。元号とは紀年法のうち、政権交代や支配者の交代などでリセットされるものをいう。神武紀元民国紀元などのように、永遠にリセットされない前提の紀年法もある。西暦も紀年法の1種で、イエス・キリストが生まれたとされる年の翌年を元年(紀元)とした紀年法である。これも人類は滅亡しない限り永遠にリセットされない前提である。

紀年法の種類[編集]

日本[編集]

  • 元号 - 明治以降は天皇の代替わりで改元する。加えて明治以前は吉祥などの理由により改元する方法。
  • 逸年号 - 古代日本に見られる「法興」などの年号。
  • 私年号 - 中世等で使われた私的な年号。
  • 神武紀元 - 神武天皇から開始する紀年法。

朝鮮[編集]

未完

中国[編集]

未完

イスラエル[編集]

未完

台湾[編集]

ベトナム[編集]

未完