立川メンヘラ女子多すぎ問題

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Achtung.png 意見募集
内容全般に関する意見が出されています。
議論は「トーク:立川の果ての地」で行われています。
X mark.png
It's JOKE!
この記事は多少冗談を含みます。
寛容な心でお読み下さい。

立川メンヘラ女子多すぎ問題とは、東京都立川市でおきている現象。

概要[編集]

立川駅前でパリピっている女子は多くが立川市民ではない。多くが青梅市福生市から青梅線で来た人または武蔵村山市、東大和市民となっている模様だ。なぜ青梅線沿線民かと言えると、以下の3店が挙げられる。
  • お隣八王子市民はあまり来ない。八王子市民は立川に過度なライバル心を持っている人が多いからである。[1]
  • 福生市民は西多摩の商都を自称している以上、青梅市が嫌いと思われる。
  • さらには、立川の上には武蔵村山市東大和市多摩地域という都市がある。だがそのうちの一つ武蔵村山市には電車がない。最寄りは立川の果ての地を走る西武拝島線。だが彼らは西武線では納得がいかず、立川バスで立川駅に来てそこで遊ぶのだ。
以上の観点から立川のパリピな女の子は青梅線ユーザーもしくは、武蔵村山市・東大和市民の森だ。

では立川市民の女子は休日何をするのだろうか[編集]

  • 立川の女の子は何をしているか?家で遊んでいたり近所の公園でのんびりしていたりあまりかわらない。[2]

脚注[編集]

  1. なお、青梅市民は八王子を嫌っている。
  2. なお、新宿に行くときは中央線新宿駅ではなく、西武新宿駅を使う人も多い。