玉田勝郎

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

玉田 勝郎(たまだ かつろう、1941年12月26日[1] - )は、日本の教育学者。関西大学名誉教授[2][3]。専門は教育学、人権教育論、生活教育論[1]

兵庫県生まれ。1971年、名古屋大学大学院教育学研究科博士課程修了[1]大阪府科学教育センター、兵庫県立湊川高校(定時制)を経て[4]、関西大学文学部教授[1]。2005年、兵庫県在日外国人教育研究協議会会長[5]。2012年3月、定年退官[6]

著書[編集]

単著[編集]

  • 『優しさまとめて花いちもんめ――灰谷文学の正しいよみ方』 有希プロダクション、1984年
  • 『子どもとかかわる思想――教育における詩情と哄笑』 明治図書出版(シリーズ・教育をひらく)、1987年
  • 『子ども認識の分水嶺――ワロンに学び・ワロンを超える』 明治図書出版(シリーズ・教育をひらく)、1989年

編著[編集]

  • 『教育の解放を求めて――鈴木祥蔵・竹内良知先生関西大学退職記念論集』 田中欣和岡村達雄山本冬彦共編、明石書店、1990年
  • 『人権の新しい地平――共生に向けて』 岡村達雄共責任編集、学術図書出版社、2003年

分担執筆[編集]

  • 『教育変革への視座――「国民教育論」批判』 持田栄一編、田畑書店(批判教育計画)、1973年

脚注[編集]

  1. 1.0 1.1 1.2 1.3 紀田順一郎ほか編『新現代日本執筆者大事典 第3巻(す~は)』日外アソシエーツ、1992年、315頁
  2. 憲法9条をノーベル平和賞に推す神戸の会 神戸国際キリスト教会
  3. ◆講演会「多文化共生」時代の日本語教育のあり方 ―〈生きるための表現として言葉を使う〉ということ― 広報たからづか 平成27年9月号(2015年9月15日)
  4. 『子ども認識の分水嶺――ワロンに学び・ワロンを超える』著者紹介
  5. 新会長に玉田氏…兵庫県外教総会(05.05.11) 在日本大韓民国民団
  6. 玉田勝郎先生のご定年退職特集に寄せて (特集 玉田勝郎教授退職記念) CiNii 論文