元寇

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
Jump to navigation Jump to search

元寇(げんこう、英:Mongol invasions of Japan)とは、1274年1281年の二回に渡って行われた、当時の日本への侵略戦争である。一回目を文永の役、二回目は弘安の役と呼ばれる。

概要[編集]

当時世界最大の国土を誇っていた元 (王朝)が属国の高麗と共同で、鎌倉幕府の時代だった日本に攻め入った。

攻め入った理由としては、元は当初は日本を属国にするつもりだったが日本は返事をしなかったので、元としては伝えた通り、軍を送る事にした模様[1]

日本の武士は当初は一騎打ちを展開し、戦い方の違う元軍に手間取ったようだが、なぜか二回とも敵の艦隊が勝手に消滅し、結果的には日本を敵の侵略から防衛する事に成功した格好になった。

しかし鎌倉幕府滅亡の遠因にはなった模様[2]

神風について[編集]

文永の役
神風は吹かなかったという説が有力らしく、ただの脅し、または偵察して帰っただけで、帰路の途中で沈んだという説がある[3]
弘安の役
こちらでは台風により艦隊が壊滅したという説が有力。

特別攻撃について[編集]

太平洋戦争での神風特別攻撃隊による特別攻撃は、元寇での神風が元ネタになっている模様。

脚注[編集]

  1. 元寇はなぜおきたか(文永の役)”. 玉川大学. 2019年2月1日確認。
  2. 弘安の役とその後”. 玉川大学. 2019年2月1日確認。
  3. モンゴル・朝鮮軍が日本で行った“殺戮””. SANKEI DIGITAL. 2019年2月1日確認。

関連項目[編集]

他事典リンク¦ウィキペディア ¦ピクシブ百科事典 ¦アンサイクロペディア ¦コトバンク