油川清九郎

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
移動先: 案内検索

油川 清九郎(あぶらかわ せいくろう、? - 永正5年10月4日[1]1508年10月27日))は、戦国時代武将甲斐武田家の一族で武田信虎の従兄弟。父は油川信恵[1]。兄弟に信友信守信連弥九郎珍宝丸

生涯[編集]

父が信虎と家督をめぐって争った勝山合戦の際に敗れて父と共に戦死した[1]。法名は行阿弥陀仏[1]

脚注[編集]

  1. 1.0 1.1 1.2 1.3 『武田氏家臣団人名辞典』東京堂出版、2015年。P52

参考文献[編集]