放射線影響研究所

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

放射線影響研究所(ほうしゃせんえいきょうけんきゅうじょ)とは、放射線の健康への影響を調査するため、日本アメリカが共同運営する研究機関のことである。1975年に設置され、原子爆弾が落とされた広島県広島市長崎県長崎市に研究所がある。前身はアメリカが1947年に設立した原爆傷害調査委員会ABCC)で、被爆者の健康状態のほか、遺伝的な影響を調査する。2011年東日本大震災における東京電力福島第1原発事故の緊急作業に従事したおよそ2万人を対象にした生涯健康調査も行なわれている。略称は放影研