尹礼

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
移動先: 案内検索

尹 礼(いん れい、生没年不詳)は、中国後漢末期の武将[1]。『魏略』では盧 児(ろ じ)とある。

生涯[編集]

兗州泰山郡の出身[1]呂布曹操の戦いでは前者に与して戦い、198年に呂布が曹操に処刑されると身を隠したが、臧覇の降伏で召しだされて東莞郡太守となった[1]

222年文帝孫権を攻め、徐盛全琮に敗れて戦死したの武将に尹盧という人物がおり、これは尹礼のことではないかと推測されている[1]

三国志演義』では呉敦尹礼と共に山賊にされており、史実どおり呂布を助け、曹操に帰順した。

脚注[編集]

  1. 1.0 1.1 1.2 1.3 小出『三国志武将事典』P92

参考文献[編集]