宮崎学

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
移動先: 案内検索
Wikipedia-logo.pngウィキペディア宮崎学の項目があります。

宮崎 学(みやざき まなぶ、昭和20年(1945年10月25日 - )とは、日本作家である。グリコ森永事件の犯人の疑いを掛けられたことがあり、本人もそのことについて語っている[1]

経歴[編集]

防犯カメラに映っていたキツネ目の男(グリコ森永犯)に、顔付きも体格も良く似ており、犯人と疑われたが、アリバイがあったので逮捕されていない。

「突破者」「警察の闇 愛知県警の罪」などのベストセラー本の著者である。

終戦直後の1945年に、京都で生まれた。父親は京都の極道ボッコシ屋。母親は大阪の極道の娘である。

幼い頃から正義感が強く、イジメられていた朝鮮人の女の子を助けたことがある。その子の家の前を通ると、その子の母親は幼い学に深々と頭を下げたという。

子供の頃、父親に賄賂を要求する警官を見て、警察に強い反感を持った。

権力者に抵抗する左翼に共感し共産党に入り、学生時代は学生運動、社会に出てからは労働組合などで活躍する。

江崎グリコの労働組合と関わり、会社と対立していたことがある。

極道の抗争に巻き込まれ拳銃で撃たれたこともある。

[編集]