和田一夫

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikipedia-logo.pngウィキペディア和田一夫の項目があります。

和田 一夫(わだ かずお、昭和4年(1929年3月2日 - 令和元年(2019年8月19日)は、元・ヤオハン代表であり、経営コンサルタント上海国際経営塾塾長、福岡大学経済学部非常勤講師。静岡県熱海市の八百屋「八百半」を、30年で世界的な流通・小売業「国際流通グループ・ヤオハン」にまで発展させたものの、最終的には経営破綻させた。

略歴[編集]

静岡県出身。既婚者。昭和26年(1951年)に大学を卒業すると、静岡県熱海市で両親が始めた青果店を1代で中堅スーパーに育て上げる。平成7年(1995年)に中華人民共和国上海アジア最大級の百貨店を開店するなど、海外展開も積極的に行なっている。

しかしその海外展開などで逆に巨額の負債を抱え、平成9年(1997年)に中核会社のヤオハンジャパンが会社更生法の適用を申請したことにより、経営破綻した。

令和元年(2019年)8月19日、老衰のため、静岡県伊豆の国市自宅死去した。90歳没。

母親の和田カツは人気テレビドラマで知られるおしんNHK)のモデルであるといわれている。

外部リンク[編集]