加藤智大

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

加藤 智大(かとう ともひろ、1982年9月28日 - 2022年7月26日)は、秋葉原通り魔事件の犯人である。

人物[編集]

親からの暴力[編集]

両親により、青森県の寒い雪の中を下着姿で何時間も家の外に締め出す、恋愛を禁止される、将来の夢を全て否定されるなどの異常な体罰、虐待、監禁行為等を受けていた。これらが犯行に影響したことが指摘されている。テレビでは母親の虐待に関する近隣住民の証言が取り上げられていた。

なおウィキペディア日本語版の記事では、加藤の受けた虐待については詳しく語られていない。

著書[編集]

  • 『解』 批評社、2012年7月19日発売。
  • 『解+ 秋葉原無差別殺傷事件の意味とそこから見えてくる真の事件対策』 批評社、2013年4月13日発売。
  • 『東拘永夜抄』 批評社、2014年1月18日発売。
  • 『殺人予防』 批評社、2014年8月20日発売。

関連項目[編集]