ミサイル

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ミサイルとは、攻撃用の弾頭および誘導装置を備えた飛翔体である。

概要[編集]

誘導方法、目的や用途により扱いや呼称が異なる。

用途[編集]

  • 航空機撃墜用
  • 地上目標攻撃用
  • 艦船攻撃用

沿革[編集]

第二次世界大戦でドイツ空軍が使用したV1はパルスジェットエンジンを使用した無人爆撃機形式のミサイルで、イギリス本土攻撃用に使用された。しかし、速度が遅く、高度も低いので、戦闘機や高射砲で撃ち落とされた。一方、ドイツ陸軍が使用したV2は大陸間弾道弾の先駆にあたり、液体式ロケットを用い、高高度を音速で超える速さで飛来するため、一度も落とされなかった。

この節は執筆の途中です この節はまだ執筆途中です。加筆、訂正して下さる協力者を募集中!


ミサイルとは呼ばれないもの 🚀[編集]

人工衛星打ち上げ用のH-IIAロケットなどは、ミサイルとは呼ばれない。

関連項目[編集]

他事典リンク¦ウィキペディア ¦ピクシブ百科事典 ¦ニコニコ大百科 ¦アンサイクロペディア ¦コトバンク