ミサイル防衛

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ミサイル防衛(-ぼうえい、英:Missile Defense、MD)とは、特定の地域をICBMなどの弾道ミサイルから防衛する目的で始まった構想である。

概要[編集]

ICBMには通常、水素爆弾のような核弾頭が搭載され、攻撃された際の被害は大きい事から、国民を守るために各国で取り組まれている。

ミサイル迎撃用にイージス艦パトリオットが用いられる事で有名。

ミサイル防衛は「核の傘」という世界平和維持構想が崩れてしまう、という批判もあるが、「核の傘」の欠点を補うものであるという意見もある[要出典]

日本国民が防衛問題をよく知らない事が問題とされる事もある[1]

参考動画[編集]

YouTube 動画リンク

脚注[編集]

関連項目[編集]

Wikipedia-logo.pngウィキペディア核抑止の項目があります。

外部リンク[編集]

他事典リンク¦ウィキペディア ¦ニコニコ大百科 ¦コトバンク