ダイアトニックコード

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ダイアトニックコード(diatonic chord)とは、決まった調性のスケールの中の音だけで構成された和音のことで、根音(ルート)の上にすべて3度ずつの音程を2回または3回重ねてセブンス系にしたもの。3度の音程は、長3度か短3度のいずれかになる。要するに、根音から一音飛ばしで3つあるいは4つの音を重ねたもの。三和音と四和音の二種類に分けられる。四和音では、第5音の上に、更に3度が重なった和音。ルートから7thの付いた、より豊かな響きになる。コードの機能は、トニック、サブドミナント、ドミナントの3つの役割がある。4声のダイアトニックコードにおける5番目のコードは、長短調同士では全く同じ構成音で、機能的にはドミナント7thとも呼ばれる。

ハ長調ならすべて白鍵で、構成音は「ド・レ・ミ・ファ・ソ・ラ・シ(・ド)」。その中の、ドから数えて一音飛ばしで3つ重ねたコードは…、「ド」を起点として、次の「レ」を飛ばして「ミ」、その次の「ファ」を飛ばして「ソ」を重ねていくと、「ド・ミ・ソ」というコードが出来上がる。つまり、Cのメジャー・コードになる。

本来「ダイアトニック」とは、「全音-全音-半音-全音-全音-全音-半音」の組み合わせである長音階のことを意味するが、この並び順ではないメロディックマイナースケールやハーモニックマイナースケールについても、同様の概念のコードが「ダイアトニックコード」と呼ばれている。

I、IV、Vの和音を「スリーコード」「基本コード」「主要和音」といい、I、IV、V以外の全ての三和音のことを「副三和音」という。

※T=トニック・コード。日本語では主和音。強い安定感を持つコード。曲の最初のコード、また終止のコードとしてよく使われる。調の最も基本となるコードで、調性を表す。

※SD=サブドミナント・コード。日本語では下属和音。トニックとドミナントの中間的な性格のコード。進行に彩りや発展的な印象を加え、割と曖昧な性格で、トニック、ドミナントへ進行することも可能。

※D=ドミナント・コード。日本語では属和音。不安定感を持つコードで、終わらない感じがする。主要三和音の中では一番緊張感のある音。不安定な響きで、安定を求めてトニック(1番目のコード)に解決したい響きを持つ。Vの四和音形は、その機能がさらに強くなるため、最もよく用いられる。調性を支配するコード。

短調(ハーモニックマイナー)のダイアトニックコードでは、等音程和音という、転回しても構成音が同じコードが2つある。dim7コードとaugコードである。dim7コードは、オクターブを4等分したもので、構成音の音程間隔が全て短3度、augコードは、オクターブを3等分したもので、構成音の音程間隔が全て長3度。

長調(メジャー)のダイアトニックコード[編集]

長調(メジャー)のダイアトニック・コード(三和音)
T SD × SD D T D(?)
調号 調 I IIm IIIm IV V VIm VIIdim
無し ハ長調(C) C Dm Em F G Am Bdim
♭×1 ヘ長調(F) F Gm Am B♭ C Dm Edim
♭×2 変ロ長調(B♭) B♭ Cm Dm E♭ F Gm Adim
♭×3 変ホ長調(E♭) E♭ Fm Gm A♭ B♭ Cm Ddim
♭×4 変イ長調(A♭) A♭ B♭m Cm D♭ E♭ Fm Gdim
♭×5 変ニ長調(D♭) D♭ E♭m Fm G♭ A♭ B♭m Cdim
♭×6 変ト長調(G♭) G♭ A♭m B♭m C♭ D♭ E♭m Fdim
♯×6 嬰ヘ長調(F♯) F♯ G♯m A♯m B C♯ D♯m E♯dim
♯×5 ロ長調(B) B C♯m D♯m E F♯ G♯m A♯dim
♯×4 ホ長調(E) E F♯m G♯m A B C♯m D♯dim
♯×3 イ長調(A) A Bm C♯m D E F♯m G♯dim
♯×2 ニ長調(D) D Em F♯m G A Bm C♯dim
♯×1 ト長調(G) G Am Bm C D Em F♯dim
長調(メジャー)のダイアトニック・コード(四和音)
T SD × SD D T D(?)
調号 調 IM7 IIm7 IIIm7 IVM7 V7 VIm7 VIIm7-5
無し ハ長調(C) CM7 Dm7 Em7 FM7 G7 Am7 Bm7-5
♭×1 ヘ長調(F) FM7 Gm7 Am7 B♭M7 C7 Dm7 Em7-5
♭×2 変ロ長調(B♭) B♭M7 Cm7 Dm7 E♭M7 F7 Gm7 Am7-5
♭×3 変ホ長調(E♭) E♭M7 Fm7 Gm7 A♭M7 B♭7 Cm7 Dm7-5
♭×4 変イ長調(A♭) A♭M7 B♭m7 Cm7 D♭M7 E♭7 Fm7 Gm7-5
♭×5 変ニ長調(D♭) D♭M7 E♭m7 Fm7 G♭M7 A♭7 B♭m7 Cm7-5
♭×6 変ト長調(G♭) G♭M7 A♭m7 B♭m7 C♭M7 D♭7 E♭m7 Fm7-5
♯×6 嬰ヘ長調(F♯) F♯M7 G♯m7 A♯m7 BM7 C♯7 D♯m7 E♯m7-5
♯×5 ロ長調(B) BM7 C♯m7 D♯m7 EM7 F♯7 G♯m7 A♯m7-5
♯×4 ホ長調(E) EM7 F♯m7 G♯m7 AM7 B7 C♯m7 D♯m7-5
♯×3 イ長調(A) AM7 Bm7 C♯m7 DM7 E7 F♯m7 G♯m7-5
♯×2 ニ長調(D) DM7 Em7 F♯m7 GM7 A7 Bm7 C♯m7-5
♯×1 ト長調(G) GM7 Am7 Bm7 CM7 D7 Em7 F♯m7-5

短調(ハーモニックマイナー)のダイアトニックコード[編集]

短調(ハーモニック・マイナー)のダイアトニック・コード(三和音)
T SD × SD D T(?)・SD(?) D(?)
調号 調 Im IIdim ♭IIIaug IVm V ♭VI VIIdim
無し イ短調(Am) Am Bdim Caug Dm E F G♯dim
♭×1 ニ短調(Dm) Dm Edim Faug Gm A B♭ C♯dim
♭×2 ト短調(Gm) Gm Adim B♭aug Cm D E♭ F♯dim
♭×3 ハ短調(Cm) Cm Ddim E♭aug Fm G A♭ Bdim
♭×4 ヘ短調(Fm) Fm Gdim A♭aug B♭m C D♭ Edim
♭×5 変ロ短調(B♭m) B♭m Cdim D♭aug E♭m F G♭ Adim
♭×6 変ホ短調(E♭m) E♭m Fdim G♭aug A♭m B♭ C♭ Ddim
♯×6 嬰ニ短調(D♯m) D♯m E♯dim F♯aug G♯m A♯ B C♯♯(D)dim
♯×5 嬰ト短調(G♯m) G♯m A♯dim Baug C♯m D♯ E F♯♯(G)dim
♯×4 嬰ハ短調(C♯m) C♯m D♯dim Eaug F♯m G♯ A B♯dim
♯×3 嬰ヘ短調(F♯m) F♯m G♯dim Aaug Bm C♯ D E♯dim
♯×2 ロ短調(Bm) Bm C♯dim Daug Em F♯ G A♯dim
♯×1 ホ短調(Em) Em F♯dim Gaug Am B C D♯dim
短調(ハーモニック・マイナー)のダイアトニック・コード(四和音)
T SD × SD D T(?)・SD(?) D(?)
調号 調 ImM7 IIm7-5 ♭IIIaugM7 IVm7 V7 ♭VIM7 VIIdim7
無し イ短調(Am) AmM7 Bm7-5 CaugM7 Dm7 E7 FM7 G♯dim7
♭×1 ニ短調(Dm) DmM7 Em7-5 FaugM7 Gm7 A7 B♭M7 C♯dim7
♭×2 ト短調(Gm) GmM7 Am7-5 B♭augM7 Cm7 D7 E♭M7 F♯dim7
♭×3 ハ短調(Cm) CmM7 Dm7-5 E♭augM7 Fm7 G7 A♭M7 Bdim7
♭×4 ヘ短調(Fm) FmM7 Gm7-5 A♭augM7 B♭m7 C7 D♭M7 Edim7
♭×5 変ロ短調(B♭m) B♭mM7 Cm7-5 D♭augM7 E♭m7 F7 G♭M7 Adim7
♭×6 変ホ短調(E♭m) E♭mM7 Fm7-5 G♭augM7 A♭m7 B♭7 C♭M7 Ddim7
♯×6 嬰ニ短調(D♯m) D♯mM7 E♯m7-5 F♯augM7 G♯m7 A♯7 BM7 C♯♯(D)dim7
♯×5 嬰ト短調(G♯m) G♯mM7 A♯m7-5 BaugM7 C♯m7 D♯7 EM7 F♯♯(G)dim7
♯×4 嬰ハ短調(C♯m) C♯mM7 D♯m7-5 EaugM7 F♯m7 G♯7 AM7 B♯dim7
♯×3 嬰ヘ短調(F♯m) F♯mM7 G♯m7-5 AaugM7 Bm7 C♯7 DM7 E♯dim7
♯×2 ロ短調(Bm) BmM7 C♯m7-5 DaugM7 Em7 F♯7 GM7 A♯dim7
♯×1 ホ短調(Em) EmM7 F♯m7-5 GaugM7 Am7 B7 CM7 D♯dim7

外部リンク[編集]