ジュラルミン

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ジュラルミン(英:Duralumin)は、1909年に製品化されたアルミニウム合金の名称。

概要[編集]

真鍮に変わる軽量な素材として、アルミニウムマグネシウムなどが添加された合金。組成の発見はドイツアルフレート・ヴィルムとされている。

軽量で強度が高い事が最大の特徴で、航空機用の部材としての歴史がある。

第一次世界大戦当時の飛行船ツェッペリンの骨格に採用されたりした。

超ジュラルミン[編集]

ジュラルミンを超える素材。

超々ジュラルミン[編集]

超ジュラルミンを超える素材。第二次世界大戦当時の戦闘機ゼロ戦にも採用されたりした。

「A7075」としてJIS規格になったりしている。

ハイエンドRCカーにも採用されてたりする事もある。

関連項目[編集]

他事典リンク¦ウィキペディア ¦ピクシブ百科事典 ¦コトバンク