エクソシスト

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

エクソシスト(exorcist)

エクソシストとはローマカトリック教会で、エクソシズム(悪霊追い出し)を行う聖職者のことである。


←→
曖昧さ回避のページです。
「エクソシスト」は2つ以上の意味に使われる言葉のため、異なる用法を一覧にしました。お探しの内容に近いページをお選び下さい。


詳細[編集]

通常は司教からエクソシズムを行うように任命された司祭であるが、司教のエクソシストも存在する。

また、ローマカトリックの聖職者で、司教からの任命を受けていない者がエクソシズムを行った場合には、非公式なエクソシストということになる。ただ、緊急時ならばともかく、司教の監督なしに一部の聖職者がこのようなことを続けていたらカルト化する可能性が高い。

プロテスタントの牧師の中にも悪霊追い出しをする者はいるが、エクソシストはローマカトリックの用語であり、悪霊追い出しをする牧師のことをエクソシストと呼ぶことは不適切である。

各国の状況[編集]

イタリアではエクソシストが元々多く、精神病院による不正の多発から、次々に精神病院が閉鎖され、それに伴いエクソシストの需要が激増しているという。

医療を重視しているドイツてはエクソシストは皆無に近いという。

フランスは、ドイツとイタリアの中間。

イギリス国教会を国教とするイギリスでも少ない。