ザ・ライト -エクソシストの真実-

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ザ・ライト -エクソシストの真実-とは、2011年アメリカ映画である。日本でも公開される予定であったが、東日本大震災が発生したため公開は中止となった。

ストーリー[編集]

主人公のマイケルは成績優秀な神学生であったが、神父になるのをやめようとしていた。マイケルは神の存在を信じることができなかったからである。神学校に入ったのも信仰心からではなく、家業を継ぐのがイヤだったからであった。そのマイケルはベテランのエクソシスト、ルーカス神父の助手を務めることになる。

ルーカス神父のエクソシズムの場で、追い出されまいと(取り付いている人の体を使って)抵抗する悪霊たちの姿をマイケルは目の当たりにすることになる。その光景は、逆に彼に神の存在を確信させることになる。  

関連項目[編集]