アルプスの牧場 (チロル民謡)

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
移動先: 案内検索

アルプスの牧場(あるぷすのぼくじょう)は、チロル民謡。訳詞は原田義人。原曲はAuf der Alm, da finden die Kuh's beste Gras

概要[編集]

国鉄の車内チャイムや、鹿児島県のデパート山形屋の放送のチャイムでも使用されている。以前は車内チャイムと同じオルゴール音であったが、2017年4月からはピアノ音源となっている。その他、小学校のチャイムとしても使用されていた。

歌詞[編集]

日本語歌詞[編集]

そよ風軽く 草におき      遠くうねる 岡はなだら

     谷間の瀬 高嶺の雪      いずこにも ただ陽はうらら

     角笛の音 空に湧き      羊の背に こぼれ落ちる

     ああ楽し牧場 ヤアア ヤアア      楽し 牧場 ヤアアア

ドイツ語歌詞[編集]

   Auf der Alm, da finden die Kuh's beste Gras,    Und a i, liebe Herr, ja,ja,i find' scho was;    Denn hart an der Alm' die der Mutter ob'n g,hort ,    Hat der Seebauren Hans a sein Vettern sein Heerd    Und der Hans is mei Alles , er ist halt mein Le'bn,    Denn an bravern , als den , kann's mei Tag nimma geb'n.

     A ha je hi,jo jo hi hi,jo jo hi, jo jo hi,       ja ja hi, ja ja hi,ja ja hi, ja hi ha hi!