ゆーかブロック祭り2020

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ゆーかブロック祭り2020(ゆーかぶろっくまつり2020)とは、Twitter上において鉄道ファンにより作成され、一時的に日本のトレンドになってしまった恥ずかしいタグである。

経緯[編集]

事の発端は2020年11月25日。

東武8000系電車が大好きな鉄道ファンである東まく氏に対して女子鉄として人気が高かったゆーか氏が8000系を馬鹿にする発言をしたことで東まく氏が大激怒。 腹いせに東まく氏は「#ゆーかブロック祭り2020」というタグを作り、広めてしまったのである。

その結果日本のトレンドに入ってしまい、身内はおろか日本中の鉄道ファンの恥晒しとなってしまったのであった。

なお、タグを作られた被害者ゆーか氏本人は「いやわろた」と反応していた模様。

その後[編集]

炎上自体は収束したが、その後もTwitterの鉄道業界では様々な動きが見られた。

ブロック祭りタグ作成の警戒[編集]

ナイセン団に所属しているちくわ氏はこの炎上により「#ちくわブロック祭り2020」が作られないかいつも検索していたが、その旨のツイートに反応した人物が作ってしまった。 しかし、「もししたら私が許さん!」と擁護する声が上がり、炎上は免れた。

ミズトレ生誕祭をめちゃくちゃにしようぜ[編集]

鉄道ファンのカステラと過度に絡みブロックされ、かつ彼の癪に障るツイートをしてしまったミズトレ氏に対して大激怒したカステラ氏が作った恥ずかしいタグである。さらにこれに信者が暴走。大炎上となった。なお、こちらも数日経つと炎上はある程度収まったが、実際この前後にもミズトレ氏とカステラ氏の戦いは続いており、ミズトレ氏がブロックした11月3日からカステラ氏が和解を申し付けてきた12月26日までをミズトレカステラ冷戦と指す場合もある。

黒澤マンガンはTwitterをやめろ[編集]

この記事の作成者でもある黒澤マンガン(新型電気式気動車)が作成した自虐タグ。色々その人物のフォロワーと揉めた結果、自ら作成して叩かれようとした模様。

しかしこちらは「やめさせねぇよ?」「やめたら怒るぞ!」という形で炎上してしまった。

なお、黒澤マンガン氏はその後もトラブルを起こし、現在はTwitterをやっていない。


このように、鉄道業界は荒れたり炎上したりということが日常である。

総括[編集]

恥晒しのタグが広まらないようにするために、

  • 些細なことで怒りを爆発させない
  • 腹が立っても攻撃や誹謗中傷に走らず容赦なくブロックで完結させる
  • たとえそのタグがタイムラインに流れてきても無暗に反応しない

などが大切である。とにかく良識をもってネットを利用したい。

関連項目[編集]

関連外部リンク[編集]