ゆーかブロック祭り2020

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Achtung.png 意見募集
内容に関する意見が出されています。
議論は「トークページ」で行われています。

ゆーかブロック祭り2020(ゆーかぶろっくまつり2020)とは、Twitter鉄道界隈上において鉄道ファンにより作成され、一時的に日本のトレンドになってしまった恥ずかしいタグである。

経緯[編集]

事の発端は2020年11月25日

東武8000系電車が大好きな鉄道ファンである東まくに対して女子鉄として人気が高かったゆーか[1]が8000系を馬鹿にする発言をしたことで東まく氏が大激怒。 腹いせに東まく氏は「#ゆーかブロック祭り2020」というタグを作り、広めてしまったのである。

その結果、Twitterの日本のトレンドに入ってしまい、身内はおろか日本中の鉄道ファンの恥晒しとなってしまったのであった。

なお、タグを作られた被害者ゆーか氏本人は「いやわろた」と反応していた模様。

その後[編集]

炎上自体は収束したが、その後もTwitterの鉄道業界では様々な動きが見られた。

ミズトレ生誕祭をめちゃくちゃにしようぜ[編集]

鉄道ファンのカステラと過度に絡みブロックされ、かつ彼の癪に障るツイートをしてしまったミズトレに対して大激怒したカステラ氏が作った恥ずかしいタグである。さらにこれに信者が暴走。大炎上となった。なお、こちらも数日経つと炎上はある程度収まったが、実際この前後にもミズトレ氏とカステラ氏の戦いは続いており、ミズトレ氏がブロックした11月3日からカステラ氏が和解を申し付けてきた12月26日までをミズトレカステラ冷戦と指す場合もある。

最終的にはミズトレ側からの融和で収まったが、その後彼のアカウントは急速に過疎化が進行することになる。

大量の記事乱立騒動[編集]

Enpediaに登録した黒澤マンガン氏はJapan-Railway.comの記事を参考にこの記事を作成。その後ミズトレ氏が便乗して登録し、有名地雷鉄の記事を乱立・編集。それに仲間が次々とアカウントを作成して便乗。大規模に荒れてしまう結果となった。その後黒澤マンガン氏は苦情をもらい、自身の立てた一部記事を削除依頼とした他、ミズトレ氏がエンペディアでの活動休止を宣言したため、ほぼ半年余りの一連の騒動は収束気味にある。

とよはしブロック祭り[編集]

ゆーかブロック祭りに続いて、トレンド入りしてしまったタグ。[2]とよはしに不満をもつユーザーが作成し、数多くのユーザーがツイートした。

このように、鉄道業界は荒れたり炎上したりということが日常である。

総括[編集]

恥晒しのタグが広まらないようにするために、

  • 些細なことで怒りを爆発させない
  • 腹が立っても攻撃や誹謗中傷に走らず無視または容赦なくブロックで完結させる[3]
  • たとえそのタグがタイムラインに流れてきても無暗に反応しない

などが大切である。とにかく良識をもってネットを利用したい。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. 後に女子鉄でないことが判明し、現在は中の人ふじみの氏だったことが判明している。
  2. 炎上騒動以外ならば、女子鉄たまいけ氏の「#たまいけ構文」がトレンド入りしたことがある。しかしながら、こちらはトレンド入りしたのちに当の本人は転生をしている。
  3. ブロックされて逆ギレしてきたらそっちが悪い。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]