高田賢三

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikipedia-logo.pngウィキペディア高田賢三の項目があります。

高田 賢三(たかだ けんぞう、1939年昭和14年)2月27日 - 2020年令和2年)10月4日)は、日本ファッションデザイナーケンゾー創業者、K3創業者。

来歴[編集]

兵庫県姫路市の花街出身。

服飾専門学校「文化服装学院」(東京)が男子学生の募集を始めたことを知ると、両親の反対を押し切って上京し、小池千枝に師事して学び、在学中に装苑賞を受賞する。卒業後はアパレルメーカーに勤務するが、休職して渡仏した先で後に高田が語るところによれば「見るもの聞くもの全部楽しかった」と述べるほどであり、帰国の日が迫ると高田は自作のデザイン画をお気に入りのブティックに持ち込んだという。高田によると「ただ見てほしかっただけ」だったらしいが、返答は「おいくら?」だったとされ、次に持ち込んだ雑誌「ELLE」の編集部でも絵が売れたという。これが高田にとって大きな転機となった。

当時のフランスでは五月危機(5月革命とも)が起きており、それによって服の意味も問い直されつつあり、高田がそんな中で発表した初コレクションは解放感にあふれて雑誌に取り上げられ、一躍「ケンゾー」と呼ばれて時の人になった。深井晃子の談によると「高田は日本の着物の特徴を極めて自然な形で服に取り入れ、体制や慣習、ましてや服には縛られたくないという若者に圧倒的に支持された」としている。また、高田はファッションショーの在り方も変え、番号札を付けたモデルが客席の間を歩く形から、大会場で音楽を流して服を見せる現在のスタイルにしたという。ジャンポール・ゴルチエによると「ケンゾーのショーに衝撃を受けた。こんなに楽しくできるのかと思った」と語っている。1970年代になると、高田がいないとパリ・コレクションが開けない状態だったという。

世界的なファッションデザイナーとして活躍していた高田は晩年まで精力的に活動し、2020年3月にはインテリア商品を中心とする新ブランド「K三(ケースリー)」を立ち上げ、翌4月にはイタリアミラノで開催される世界最大級の家具見本市・「ミラノサローネ」でお披露目する予定だったのだが、当時は世界中で新型コロナウイルスCOVID-19)が流行しており、見本市は中止された。そして皮肉にも、高田は同年9月初旬、南フランスのバカンスを終えてパリに帰還した後の9月10日、体調不良を訴えて入院。翌9月11日PCR検査で自らも新型コロナウイルスに感染していることが判明する。一時期は容態も安定して持ち直し、高田自身が関係者に電話で体調の回復を報せるほどだったというが、次第に体調は悪化して一進一退の状況となり、入院治療を続けたものの、10月4日にパリ近郊の病院において死去した。81歳没。奇しくもパリ・コレクションが開かれている最中の死去であった。

その死は多くの関係者から惜しまれ、多くの追悼声明が発表された。

主なブランド名[編集]

  • KENZO PARIS(ケンゾー・パリ)
  • KENZO KI(ケンゾー・キ)
  • KENZO HOMME(ケンゾー・オム)
  • KENZO JEANS(ケンゾー・ジーンズ)
  • KENZO JUNGLE(ケンゾー・ジャングル)
  • KENZO JUNIOR(ケンゾー・ジュニア)
  • YUME(ユメ)
  • K3

映画監督作品[編集]

書籍[編集]

  • Kenzo―高田賢三作品集(1985年4月1日、文化出版局) ISBN 978-4532176297
  • 夢の回想録 高田賢三自伝(2017年12月16日、日本経済新聞出版) ISBN 978-4532176297

関連項目[編集]

脚注[編集]

注釈[編集]

出典[編集]

外部リンク[編集]