馬鹿が戦車でやって来る

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

馬鹿が戦車でやって来る』(ばかがタンクでやってくる)とは1964年の松竹映画である。

概要[編集]

撮影は埼玉県比企郡鳩山村鳩山町)熊井地区の月見橋や、その近くにあった火の見櫓の辺りを中心に行われた。

  • 熊井地区は近年まで茅葺きの家々が点在しており、田舎風の雰囲気を出すには最適だったようである。
  • 埼玉県に海はないので海辺のシーンだけは千葉県で撮影された。
  • 岩下志麻が23歳の頃の映画である。

ストーリー[編集]

釣り船の船頭が釣り客に聞かせた、漁港の町の隣にある日永村で起きた信じられない大事件の物語という形を取っている。

主人公のサブは元戦車兵で、終戦後に戦車を自宅に持ち帰り納屋に隠していた。

日永村の大地主の娘の紀子は体が弱く、隣町の病院に入院していたが退院して日永村に戻ってくる。サブは紀子の家に退院のお祝いに行くが、紀子の父親に追い返され、やけ酒を飲んだサブは暴れる。

サブは逮捕され留置場に入れられ、その間に母親は騙されて土地を取られてしまう。

怒ったサブは戦車に乗って大暴れする。警察にも戦車に乗ったサブを止めることはできなかった。

動画[編集]

YouTube 動画リンク

アメリカでは似たような事件が実際に起こっている[編集]

eU0Fpn2WO8s#menu は無効な YouTube 動画 ID です

スタッフ[編集]

キャスト[編集]

外部リンク[編集]

http://www.town.hatoyama.saitama.jp/i/chocho/column/h22colum/1447296252030.html

関連項目[編集]

極道の妻たち

聖地巡礼[編集]

  • 月見橋
  • 火の見櫓(取り壊されてしまった)
  • 鳩山町のカミタイヤ周辺