雨水排水

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
雨水排水の施設にみられるこの金網のフタは「グレーチング」と呼ばれる。
排水溝(雨水排水の施設)の中のカニ。排水施設は生き物の貴重なすみかとなることも少なくない。

雨水排水(うすいはいすい)は、ドレイン等を使用して雨水を建物から排水すること。

概要[編集]

ある規模以上の建物では雨水を一気に下水等に放流すると、冠水する恐れがあるため、地下ピットに雨水貯留槽(うすいちょりゅうそう)を設けるなどして排水調整を行うことが義務付けられることもある。

合流式下水道では生活排水と雨水をともに排水する。そのため昨今のゲリラ豪雨と都市化の中では排水容量を超え、汚水が垂れ流しになってしまう[1]。そのため、昨今整備される下水道のほとんどはトイレや炊事場の生活排水と雨水を別々の管で排水する分流式下水道である。

脚注[編集]

  1. そのためオーバーフロー水の貯水槽の整備や分流化工事を行い、改良が進んでいる。

関連項目[編集]