証人喚問

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

証人喚問(しょうにんかんもん)とは、衆議院参議院の両院において、日本国憲法第62条に基づく国勢調査権を行使するための強制的な手段として、証人の出頭、証言、記録提出を求めることができる制度である。

参考人招致と異なり、証人は正当な理由なく出頭、証言を拒否したり、宣誓後に偽証したりした場合は刑罰の対象にされる。

昭和63年(1988年)にリクルート事件が起きたのを契機に、証人喚問のテレビ中継は静止画像になっていたが、平成10年(1998年)の議院証言法改正により、証人喚問全ての撮影が許可されるようになった。