蔡勲

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
移動先: 案内検索

蔡 勲(さい くん)は、中国小説である『三国志演義』の登場人物である。

劇中の活躍[編集]

荊州刺史劉表の家臣[1]蔡瑁の弟とされ、『吉川三国志』では蔡 薫、『三国志演義』でも第34回の蔡 勲と第45回で蔡 𤪠で表記が異なっている[1]。蔡瑁が劉備暗殺しようとした際に襄陽城の北門の守備を務めた[1]208年に劉表が死去すると、蔡瑁と共に曹操に帰順する[1]赤壁の戦いの前哨戦である三江口の戦いで先鋒を務め、孫権軍の勇将・甘寧の矢を受けて射殺された[1]

『吉川三国志』では三江口の戦いで先鋒を務めて孫権水軍を盛んに挑発し、甘寧の矢を顔面に受けて長江に転落して討死した[1]

脚注[編集]

  1. 1.0 1.1 1.2 1.3 1.4 1.5 小出『三国志武将事典』P131

参考文献[編集]