蔡中

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
移動先: 案内検索

蔡 中(さい ちゅう)は、中国小説である『三国志演義』の登場人物である。

劇中の活躍[編集]

荊州刺史劉表の家臣[1]蔡瑁の従弟で、劉備暗殺計画に加担して襄陽の南門を守備した[1]208年赤壁の戦いで蔡瑁が曹操処刑されると、荀攸の進言を容れた曹操から孫権陣営への偽降を蔡和と共に命じられる[1]。しかし妻子を引き連れずに投降したため周瑜に最初から見抜かれており、逆にこの偽降を周瑜に利用されてしまい、孫権水軍を曹操の陣中まで案内すると、あらかじめ周瑜の命令を受けていた甘寧によって斬られた[1]

脚注[編集]

  1. 1.0 1.1 1.2 1.3 小出『三国志武将事典』P132

参考文献[編集]