灌漑

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

灌漑(かんがい)とは、農業の生産性向上のため、農地に給排水路を設けたり渇水対策のために貯水池を構築することで農作物を旱魃から守ることをさす。

概要[編集]

古くはただ単に水路を掘ったものだったが、やがて木材を使用するようになり、近年は鉄筋コンクリートを使用した水路を使用するようになった。また、事業主体も個人から、村の共同作業、さらには行政へと変わっていった。

関連項目[編集]